近刊検索βについて

このページはJPO近刊情報センターから発信される近刊情報の活用を模索するため版元ドットコムによって2011年9月11日に公開されました。
出版業界では、近年、共有書店マスターや商品基本情報センター、新出版ネットワーク(出版VAN)経由でのEDI、POSデータの集配信など、先駆的な試みが重ねられています。
2011年4月から始まったJPO近刊情報センターも、新たな取り組みのひとつです。
近刊情報発信のフォーマットとしてONIXという国際標準規格を採用しています。
これにより、電子書籍や広く世界に向けた書誌情報の発信の可能性も生まれました。
ですが、この情報を活用するためには様々な課題があります。
「XMLでファイルを渡されても読めない」という声もあります。
そのために、近刊情報を分かりやすい形で開示するとともに、その精度を高め、さらなる活用のための実験を行う場を用意しようと考えました。
その場が、このサイトです。
Webサイトで公開している情報は、実際のONIXファイルの一部に過ぎません。
さらに詳しい情報を、JPO近刊情報センターに参加した利用者に向けて提供することも考えています。
API(XML出力)公開実験も行います。(API公開実験はサーバー負荷の問題もあり中止しています。)
スマートフォン向けサイトやメールマガジンでの情報提供も予定しています。
ご期待ください。
そして、「一緒にやってみたい」という方、ぜひ声をおかけください。
皆さんと一緒に出版の新しい未来を切り開ける日を楽しみにしています。

2011年9月11日(高島)

このサイトに情報を掲載したいと考えている出版社の皆様へ

このサイトの情報を活用したいと考えている書店の皆様へ

JPO近刊情報センターへの参加に関する詳細は以下のWebサイトでご確認ください。

JPO近刊情報センター

2014年3月29日:書店用店頭予約カードを生成できるようにしました。

近刊検索βの全書誌情報ページ(の真ん中下のほう)に「書店用店頭予約カードを生成」リンクを設定しました。書店が店舗で予約を受け付ける際に使える陳列用カードです。そのままお使いいただいても加工してもけっこうです。ご活用ください。(高島)
書店用店頭予約カードについて

前のページに戻る