2011年 我が社の一冊

2011-12-9 金曜日  ( )

2011年、版元ドットコムの会員社は様々な本を世に問いました。
希望を共に抱くための本、厳しさを分かち合う本、
今を描く本、未来へと過去へとつながる本、
喜びの溢れ出す本、悲しみをこらえきれない本。
この世に生み出された様々な本は常に驚きを持ってその本に向かう読者を待ち続けています。
今年、版元ドットコムの会員社は様々な本を世に問いました。
その中から各社一冊を厳選し、改めて世に問いたいと思います。
豊かな本との出会いをお楽しみください。
ひとりのイギリス人ブロガーの呼びかけに応えた世界からのメッセージとアートワークが一冊の本になりました。あの日を忘れないために。この本の売上から製造流通のコストを除いた収益は日本赤十字社に寄贈されます。
今も多くの捕物ファンを魅了する『半七捕物帳』の各編を事件発生の年代順に収録したシリーズ。江戸地図、註釈、年表も付け、半七の生きた江戸の情景が現在に伝わってきます。
アニカ
河添 まみこ/安岡 卓治/河添 晋一/他
初めて「原稿用紙に手書きの原稿」「修正原稿や編集コメントを郵便でやりとりする」という経験をしました。普段の「じっくり作る」とはまた別の、いろんなことが「熟成されていく」不思議な感覚がありました。
青灯社
森 朝男/古橋 信孝
本書は、失われて行くことばを惜しむものではなく、日本語の歴史と生命力に注目するものである。著者の二人の関心は、ことばと、それを用いる人々の生活や心、文化や美意識との関係にある。
9月・10月のアクセスランキング1位や「ロングセラーの芽」にランクインした1冊。言視舎の逆襲シリーズ第一弾の笑う地域活性化本!自然・歴史・文化・町おこしなど過去・現在・未来から“地の果て”を楽しむ本。
第三書館
豊田 直巳/桃井 和馬/宇野 八岳/他
津波被害をうけた全60市町村を網羅する唯一の写真集。住民らによる「その瞬間」を含む約800枚の写真が納められています。1kgという重量だけでない「重さ」を後世に伝えられたらとの思いで刊行しました。
芸術やクリエイティブな分野で活躍している30~40代8名が、描く(かく・えがく)事について語るインタビュー集。芸術分野に興味のある方、特に若い世代の人たちには是非目を通してほしい。
産調出版
ハンス-ウルリッヒ・ヘッカー/アンゲリカ・シュテフェリング/エルマー・T・ポイカー/他
取穴部位、刺入の深さ、適応症、効果を詳解。耳鍼については、異なる流派(中国式/ノジェ式)両方を併記。さらに、広範なトリガーポイントのセクションを充実させ、施術のクイックレファレンスとして最適の書。
新たに執筆者10名を加えて増補新版で刊行。数学者、物理学者、工学者、経済学者など計51名のかたが、おもしろい 本、お薦めの書、思い出の一冊を紹介。
エディション・シナプス
Christopher Noss/Associates of the Tokoku Mission
20世紀初頭の米国で刊行された英文での初めての東北案内の復刻版。売上全額は大震災被災者支援のため日本赤十字へ寄付されます。
我が社にとって記念すべき100点目となりました。1年以上かけて執筆と制作の試行錯誤。著者さん本人にとっても悲喜こもごもの執筆期間だったそうです。我が社にとってもいろいろ思いの詰まった一冊になりました。
「演劇で食えるのか?」演劇・劇団をとりまく宿命的問題である経済的側面とその未来について、アーツ・マネジメントの分野の第一人者が詳細に分析する。制定予定の<劇場法>についても詳述。自治体関係者にも好評。
一声社
子どもの文化研究所/右手和子/堀尾青史/他
紙芝居実践テキスト―紙芝居の基礎理論と実演上達のポイントを解説。理論編=紙芝居特有の絵&テキスト(筋)の基本・子どもの発達に与える影響等。実践編=実演上達の3つのポイント(声・間・抜き方)を解説。
第二次惑星開発委員会
第二次惑星開発委員会
人気コンテンツ総括と、東日本大震災を巡るインタビュー。小林よしのり、中森明夫、小熊英二、中沢新一、宮台真司、金田一蓮十郎、鬼龍院翔、まんべくん――硬軟取りまぜ、広く深く、2011年を考える1冊です。
九州人
南 英作/神園 史郎/呉藤 加代子
霧島、指宿、別府、湯布院、阿蘇、えびのなど一泊5000円以下で宿泊できる本格的な湯治宿54軒を紹介。長逗留する湯治客のために、室内図や自炊設備一覧表を全軒に付載。懐に優しい九州観光の拠点宿にもおすすめです。
亜紀書房
渡辺 京二/三砂 ちづる
「自己実現」=自分が何になるかという問題は、人が近代になって初めて課せられたテーマで、そんな虚しい言葉に拘泥せず、無名のまま自然体で生きなさいと諭す、円熟の思想史家である渡辺京二の愛あるメッセージ。
ポット出版
J・M・ケインズ/山形 浩生/飯田 泰之
一度は読みたい古典だけれど、長いしむずかしいし手が出ない! そんな人のために、山形浩生が「一般理論」を完全要約。山形浩生・飯田泰之の両解説では、「対不況」を超え「なぜいまケインズなのか?」も明解に。
羽鳥書店
がんも 大二
ねる、たべる、のむ、でかける、であう、さよならをする。繰り返される日々がさまざまなことを考えさせてくれる。ささやかな日々のなんと豊かなことか。29の絵と27の言葉でつなぐ、パトさんの人生。
ライター磯部 涼が「プロジェクトFUKUSHIMA!」を通して、福島の現在を綴った、渾身の初書き下ろしルポルタージュ。
ワインジャーナリストとして活躍する著者・鹿取みゆきさんが、自ら現場に足を運び取材を積み重ね、土地の個性を表したワインを造ろうと奮闘する純国産ワインの生産者たち、ワイナリー、そしてワインを紹介。日本のブドウだけで造られた本当の日本ワインを紹介しています。
讃岐うどんブームのルーツを探る禁断の書。弊社創立の年に発刊したロングセラーを、気軽に手に取って頂ける文庫にしました。
電子立国日本の原点に、ラジオ工作の文化があった!本書は、アマチュア精神へのオマージュであり、収録された457点の写真・図版は、それだけで『ラジオ博物館』の趣をなす、珠玉の一冊!!
お年寄りになじみある紙芝居で懐かしい日々を思い起こし、お年寄り同士の共感を呼び覚ます高齢者向け紙芝居。お年寄りにとっての子ども時代は戦争の記憶と切り離せません。戦争と日本人が愛する桜を題材にした作品。
シリーズ3作目です。①②巻と漢詩をやりましたので、次は、日本人の手で最初につくられた歌集です。著者は17の短歌と3首の長歌を選びました。素朴で力強い言葉に、多くの子ども達が触れてくれたらと思っています。
この本は、誰かに見せるためではなく、葬儀や法要の際に、遺族が故人に宛てた言葉をそっと書き留めていたものです。一番あたり前の存在になっている人が、もっとも大切な人であることを忘れないための一冊です。
荒れ放題になっていた8300枚もの棚田が復活し始めた――「楽しい事は正しい事」をモットーに地域再生に取り組む協創LLP上山棚田団。混迷する現代日本の進路に一筋の光を当てるヒントがいっぱいの痛快ドキュメント。
ビイング・ネット・プレス
清水 豊
古代の武術は争いの技術ではなく、相手の心を和ませるものであり、霊的なものと物的なものとをむすぶものでした。古事記におけるむすびの秘儀を読み解き、むすびの武術である合気道や太極拳の本来の姿を紹介します。
万葉人は恋の達人。万葉歌4516首のうち約1500首を紹介し、それらを貫く男女の機微を現代に通じるわかりやすい言葉で読み解く。万葉人が作り上げた恋の美学、男女の恋の応酬の妙味、遊び心が華麗に花開く。
五穀豊穣と村内安全を祈願しておこなわれるオコナイ行事。今まで謎に包まれていた川道のオコナイ(滋賀県長浜市川道町)に密着。知られざる行事の全貌を写真付きで紹介。
東方出版
エクナット・イーシュワラン/スタイナー紀美子
1960年代に米国カリフォルニア州にブルーマウンテン瞑想センターを設立したインド人思想家が語る、人生の後半をよりよく生きるための指針。生まれたものは必ず死ぬ。死は恐れるべきものにあらず。
G.B.
大森 義成/三好 載克/坂本 夏観
阿修羅、四天王、十二神将などの人気の仏像から、釈迦如来、弥勒菩薩といった定番の仏像までをフルカラーで盛り込んだ1冊。カードゲームで活躍する人気イラストレーター三好載克氏による書き下ろしイラスト満載です。
仮説社
板倉聖宣/橋本淳治/井藤伸比古
最近少なくなった「○○子」さん。でも,いつ頃から女性の名前に「子」がつくようになったのでしょうか? また,そのきっかけは? 名前をもとに庶民の思想史に迫る。アマチュア研究家必見の書。
字幕翻訳者の素顔がわかる!映画をある意味もっとも深く見ている字幕翻訳者の生涯の外国映画10本と彼らの映画人生を共に紹介。知られざる字幕制作の裏話やコラムも収録。外国映画を見る楽しみがまたひとつ増える!
和歌を楽しんでもらいたい! という想いから生まれたアンソロジー「コレクション日本歌人選」(全60冊・刊行中)より。難解な近代前衛短歌を解釈するだけではなく、古典、短歌への熱い想いが詰まった1冊です。
トランスビュー
若松 英輔
2011年5月、『井筒俊彦 叡知の哲学』( 慶應義塾大学出版会)により突如あらわれた注目の書き手、若松英輔氏の原点。東京堂書店・八重洲BC・紀伊國屋書店新宿本店・三省堂書店神保町本店で行われた連続講演も盛況でした。
今日の集合住宅に大きな影響をあたえた、ル・コルビュジエの傑作を細部におよぶ豊富な写真と図面、わかりやすい文章で詳解する。「集まって住むこと」に建築そのものはどのように関与するのか。全ページカラー。
アム・プロモーション
「ビッグパレットふくしま避難所記」刊行委員会
東日本大震災で最大級の避難所。一時は2500人を超える人々であふれた。失意、怒り、やるせなさ、温もり、沁みるやさしさ、帰れないふるさと…。そこで人々は何を想ったのか。「つぶやき」と写真による被災地から発信。
楽よ高らかに鳴れ、歌声よ甘く響け。イタリアオペラを愛しベルカント唱法の真髄を究めたオペラ歌手。オペラ公演のスタンダードを作り出した名プロデューサー、五十嵐喜芳、初の自伝にして遺稿。
農林統計出版
祖田 修
人間存在の根源に迫る姨捨て山、八百比丘尼、不老長寿を願う始皇帝とその命を受けた徐福。著者の豊かな好奇心が紡ぐ、大地の恵みとともに営まれ、苦難に満ちた人間社会の長大なドラマ。
山を明日への活力源として歩き続ける女性2人によるとっておきのハイキングコースガイド。里道・山道・峠道。季節に合った駅発のマイカーに頼らない路線バス・タクシーで時間に余裕を生での安心・安全登山85コース
ジャパンマシニスト社
岡崎勝/おーはしるい/おぐらなおみ/白伊くま/どんどんどんぐり

教員生活35年のベテラン先生岡崎勝さんと、4人の小学生ママの漫画家がコラボした、超リアルな、お役立ちコミック!就学時健診・入学式など各種イベント。ママ友、“ひらがな”や算数の基本、までわかりやす~い!

著者の臨床経験に基づき、発達しょうがいをもつ子ども達との関わり方、対応のヒントを七つの事例とともに具体的に提示しています。

「2012年 我が社の一冊」は、こちら


▲ページの上端へ

このエント>リーをはてなブックマークに追加