3月5日、日本書店大学にてアピール

2000-3-5 日曜日  ( )

日本書店大学にて、「版元ドットコム」をアピール!

3月5日に日本書店大学の3月例会にて、「版元ドットコム」のサイト説明、及びP Rをさせていただきました。出席者は沢辺(ポット出版)、野崎(青弓社)の2名でした。

日本書店大学は書店さん有志の全国的集まりで、現在46社、48名が加盟してます。 学長は田辺聡氏(田辺企画)、代表幹事は、いまじん(名古屋)の近藤秀二社長です。 今日の諸問題だけでなく、21世紀の書店経営をどう構築していくのかという目的意識 のもとに、共同で研究・学習活動をしている団体です。  当日は37名の参加をいただき、版元ドットコムサイトの説明のあと、質疑応答など 活発な討論が行われました。参加されている書店さんの意識の熱さと能動的な姿勢に、逆 にわたしたちのほうが励まされる思いでした。  日本書店大学のみなさん、とりわけこの機会をセットしていただいた、いまじんの山 際敏博氏、アークの田中茂雄氏に厚く御礼申し上げたいと思います。  

以下、討論の過程で提起された、主な疑問とそれに対する応答を記します。

  • 書店はどうしてカード決済ができないのか ?

      →ひとつは書店さんに80%で仕切るためには、カード決済の手数料などの関係で、版 元出しが限界を越す低正味になってしまう。また客注担当者が書店の法人カードを自由 に使える状況にはないだろうという推測。アナログだが到着後に郵便振替で支払っても らうのが、諸般の事情を考慮するに最善だろうということ。

  • 店補充か客注か判然としない注文の場合、受けてくれるのか
      (例えば、お客から**を入れておいて欲しいという口答での要請とか)

      →紳士協定だが、取次に返さず売り切るということなら、出荷もありえる。取次ルート での返品が発生しないように、書店さんにお願いするつもりだ。

  • 試験公開時に、すべてのデータが「詳細検索」対象項目まで埋まっていると考えてい いのか。

    →できる限り埋めるつもりだが、時間をかけて肉付けしていく項目もある。例えば解説 文は必要と思うが、目次などは公開後の入力になるところもある。

  • データベスとして検索に使い、注文は取次まわしという利用の仕方もあるのではない か。

    →当然。もともと版元が作る「使いやすいデータベース」の提供が、第一義である。読 者や書店さんの使用に限らず、書協データベースはもちろんあらゆるデータベースと提 携できればいいと考えている。


▲ページの上端へ

トーハン・日販と意見交換

2000-3-3 金曜日  ( )

3/2,3/3の両日、トーハン・日販と、版元ドットコムから沢辺、野崎とがこの度のサイト開設について話し合いました。
話し合いというより、わたしたちのやろうとしていることの、趣旨、内容、進捗状況の説明ないしは、やりますのでよろしくという挨拶が主でした。 両社とも友好的で、少なくともそんなことされちゃ困るというような発言も態度もありませんでした。 「中抜き」というやり方についても、もはや今日的状況ではいたしかたないだろうと判断しているかの印象を受けました。 むしろ、両社とも立ち上げるのはいいが運営継続していくのは大変だろうと心配さえしていました。

以下主に話されたことを箇条書きします。

  • 書店売りはあくまで客注品であり、店売補充はしない。
    →上記を守るために取引書店を登録制にして、管理指導する。
  • 地方の取次に在庫を持っている社は、その在庫品を利用するように書店に促す。  
    →確かにその方がメール便よりはやいはず。
  • このサイトの書店との取引に取次が噛むことは将来的にも難しいだろう。
    →それだけ取次は書店からの売上金の回収に苦労しているということか

日販からは

  • 版元ドットコムの注文データから、地域の注文傾向(ある書店の近くにどんな客層がいるのか)などを提供する気があるのか。
    沢辺→書店・取次が一緒に発展したい、と答えた
  • 版元ドットコムのサイトで、事前注文をとれるようにしてくれないかなあー。
    沢辺→そこまでいければいいですね、と答えた
  • 両取次からのクレーム、注文の類はほとんどなく、世間話に終始した。

▲ページの上端へ