2014年 版元ドットコム年間アクセスランキング TOP100

2014-12-18 木曜日  ( )

年間アクセスランキング TOP100
第3位
えどさん”&ふみいち/スタジオえどふみ
第14位
成田 亨/富山県立近代美術館/福岡市美術館/他
第19位
エフエム福岡『モーニングジャム』
第20位
ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会/加藤 直樹/神原 元/他
第25位
ベッカー・クラフラ/服部 由美
第29位
津村博文
第30位
熊谷 隆司
第37位
那須田 淳/唐仁原 教久
第38位
エドワード・ルトワック/奥山 真司
第44位
エフエム福岡『モーニングジャム』
第49位
ボフミル・フラバル/阿部 賢一
第50位
ニコラ・アブラハム/マリア・トローク/大西 雅一郎/他
第54位
ティム・インゴルド/工藤 晋/管 啓次郎
第55位
小野征一郎先生退官記念出版委員/多田 稔/婁 小波/他
第61位
マスター“K”/山本規雄
第66位
アラン・ブライマン/能登路 雅子/森岡 洋二
第72位
ジョージ・J.デュポール/トーマス・J.パワー/アーサー・D.アナストポウロス/他
第73位
サラ・ヘンドリックス/梅永 雄二/西川 美樹
第74位
さくら 真/マシャヲタのみなさん/関上 絵美
第77位
片岡 義男/鴻巣 友季子
第81位
ヘンリー・オットー/出口博一/田上雅照/他
第83位
新井 博/榊原浩晃/井上洋一/他
第88位
金斬児狐
第93位
ギジェルモ・カブレラ・インファンテ/寺尾 隆吉
第98位
ホセ・ドノソ/寺尾 隆吉
第100位
高柳 美知子/松本 徳重

▲ページの上端へ

2014年 我が社の一冊

2014-12-16 火曜日  ( )

2014年も色んな本が生まれました。
今年も版元ドットコム会員社の「あえてこの本」をピックアップ。
改めて皆様にお知らせいたします。
さらに豊かな本との出会いをお楽しみください。
978-4-906738-08-3
ジャック・ランシエール/市田 良彦/上尾 真道/他
「平等」「解放」を思想の土台に据えて68年以後の左翼的な政治思想および美学思想を牽引してきた著者が、みずからの思想をわかりやすく語る「ランシエール自身によるランシエール」風ロング・インタビュー。
ランシエール思想の入門書であると同時に、フランス現代思想史の証言集でもあり、さらにまた、貧富の格差が拡大し、歴史修正主義や排外主義が市民社会から政府まで跋扈する現在のこの国にあって必読の書。
978-4-906708-52-9
ミヒャエル・ハインリッヒ/明石英人/佐々木隆治/他
1月12日の原稿受領から完成までわずか3か月弱。著者にも多大なご協力いただきつつ(ご迷惑もおかけしながら)、校正・校閲・組版すべて自前でのハイスピード制作は、途中で何度も「無理!」と思いつつ、出来上がってみれば感慨ひとしおの1冊となりました(いまこの本の進行表をみると「この人アホなの?」と自分でツッコミをいれたくなりますが、2014年12月現在、さらにタイトな制作進行中…。来年は学習しなければいけません)。

装幀を濱崎実幸氏にお願いできたこともとても嬉しく、今でも本を手にして頂いた方から「装幀が素敵」「組版が綺麗」とお声を頂くたびに、濱崎さんへ心の中で御礼を申し上げています。

『資本論』がどう研究され読まれてきたか、また今どう読むべきか、1冊で『資本論』全3巻を紹介する本格派かつコンパクトで読みやすい1冊です。
まだお手にとっていない方は、ぜひ実物で装幀のステキさを味わいつつ、『資本論』研究の面白さについて触れてみてください。

978-4-901490-32-0
弓田亨/椎名眞知子
ようやく少しずつ浸透し始めてきたルネサンスごはんを、これから子どもを産むお母さん、子育て中のお母さんに作ってほしいと思って、より簡単に、より作りやすくを目指して編集しました。「離乳食」だけでなく、一年中つかえる家族のごはんとして使ってほしいと思っています。
978-4-901964-27-2
マルセラ・グラッド/長倉 洋海
原書に惚れ込み翻訳出版を申し入れて2年、自社の持つ力をすべて出しきっての出版でした。
978-4-904402-36-8
山﨑ふら
弊社編集チームがずっと作りたかった、忙しすぎる日本のビジネスマンの心を癒やす本。ネット書店(アマゾン)などで「良い本に出会えた」「愛を感じた」といった感想をたくさんいただけて、著者&スタッフ一同、読者の方々からの言葉に癒やされ勇気づけられた1年でした。
978-4-7709-0063-0
蛯原 健介
ワインをより深く知ろうとすると、産地を名乗るための決まりやラベル表示の仕方など、多くのルールがあることがわかります。
ワインを造るほとんどの国には、それらを規定する「ワイン法」があるのです。
しかし、日本には、世界に通用するワイン法がありません。
ワイン法とは何か? それは、なぜ必要なのか?
ワイン法の模範とされるフランスとEU の法律を中心に、
その成り立ちと内容を分かりやすく紹介し、日本の現状を考える、
ワイン法研究者による、日本で初めてのワイン法の入門書です。
978-4-7998-0131-4
ピーター・グゥラート/西本 晃二
最初の企画から3年以上を経てやっと刊行にこぎつけた本です。翻訳書出版の期限ぎりぎりになんとか出すことができました。実は弊社にとって、この本ははじめてエージェントを通して原書出版社との契約をした翻訳書。契約にあたっては版元ドットコムの会員社の方々にいろいろと教えていただきました。訳もさることながら、注釈をつけるのにも苦労をして、出版期限ぎりぎに完成した1冊です。装幀も凝りました。装幀は、版元ドットコム会友でもある、マルプデザインの清水さんです。特徴あるカバーの紙や表紙の紙などもおもしろい本です。一度手に取って見てください。
978-4-86261-107-9
藤田のぼる/永島慎二
戦後70年。戦争の狂気を伝えたい。
戦争のむなしさを描いた名作絵本20年ぶりの復刊!
978-4-87525-314-3
矢野 忠
矢野忠著

近世、虚数が発見され、人類は新たな局面を迎えたが、そこで終わりではなかった。虚数を乗り越える新たな数の体系がハミルトンによって摸索され、三元数が試みられるものの成功せず、四元数に至る!
著者は四元数創造の秘密を本書で追体験し、現代に通用する四元数と回転の関係をも明らかにする。

978-4-7735-0248-0
『水中の小さな生き物けんさくブック』編集委員会/清水龍郎/室木おすし
池や田んぼ,そして水たまりの中にも広がる小さな生き物たちの不思議ワールド。本書は,そんな身近なところに住む「水中の微生物」の検索図鑑です。「色」「形」「動く/動かない」のインデックス・タブ付きだから,小さなお子さんでもラクラク検索することができます。
978-4-86078-265-8
高階杞一
「季刊びーぐる」(創刊号・2008/10~第21号・2013/10)に連載された詩と写真のコラボ作品集。ドイツ在住の詩人・四元康祐が提示した写真に対して詩人・高階杞一が詩を書き起こすという共同作業が生まれた。第21回丸山薫賞を受賞。
978-4-7565-0126-4
カロリン・フィッサー/楠 カトリン /内山奈美/他
本書は、20世紀初頭のドイツで「人智学」を創始した哲学者・教育者ルドルフ・シュタイナーの思想にのっとった日本初の音楽療法の実践書です。シュタイナーの人智学の考えは、哲学的で、自己治癒力を最大に引き出して心身のバランスを取り戻し病気を治すというものです。読み進めていくうちに人間理解がより深まるのではないかと思います。7年かかってやっと出来上がりました。感慨深いです。
978-4-87430-039-8
鈴木 肇
ソ連で出版された革命史はほとんどが《偽書》だった。それは権力闘争での勝者の側からの英雄物語だった。残念ながらわが日本では「いつわりの歴史」の影響は歴史書に、とりわけ学校教科書にまでおよんでいる。
978-4-8463-1001-1
星野陽平
「バーター」「共演拒否」で芸能プロダクションに絡め取られたテレビ局。芸能界の中枢で蠢く談合組織で調印された「秘密協定」の謀略。バーニングプロダクション・ケイダッシュ・ジャニーズ事務所・吉本興業による「市場独占」の醜悪。「暴力団」による芸能界支配の裏面史。マスコミがひたすら黙殺する日本最大のタブー「芸能界」を震撼させる乾坤一擲の書!
978-4-87177-322-5
名取春彦
放射線の健康への影響について理解できている人がどれだけいるだろうか。放射線について科学はどこまでわかっていて、どこからわかっていないのか。立場を越えて放射線の影響について考える1冊。
978-4-7634-0698-9
南田勝也
カート・コバーンをひとつの境界に、オルタナ以降のロックを「身体化」を軸に歴史的に位置づけたロック研究の到達点。この本を抜きにして、これからのロックを語るべからず!
978-4-902225-90-7
ジャン・ラルテギー/岩瀬 孝
若き日の北方謙三に影響を与え、異色作『あれは幻の旗だったのか』を執筆させたという、冬樹社『外人部隊』を再刊しました。登場人物のキャラの立ち具合、古風でしゃれたセリフ使い、胸躍るストーリー展開は、まさに「一読、巻措く能わず」。少年漫画やラノベが好きな青少年にも、翻訳物はどうも苦手という中高年の方にもぜひ読んでいただきたい、文句なしに面白い「冒険小説」です。
978-4-9905516-6-7
高橋 五山/高橋 洋子
この作品は、8枚が10場面に展開する斬新なアイデアが盛り込まれています。はり絵の作り方も掲載しています。斬新ですが他にはない様々な使い方ができる紙芝居です。
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)で海外の子どもたちに、国立特別支援教育総合研究所発達障害教育情報センターで幼児期から小学校低学年の発達障害のある子どもへの指導に、活用できるという意見をいただいております。
978-4-7531-0321-8
ジョン・バーネット/西川 亮
ソクラテス以前の哲学者たちの伝承記録を駆使してその年代を決定し、断片の訳出と解釈によって各哲学者の思想と本質と背景を文献学的に論考した、ギリシア哲学の初発の問いを若々しい学識で受け止めた不朽の名著の完訳です。新装版の刊行に当り、神崎繁「ギリシア哲学の旅立ちへの初々しい道案内」を付す。
978-4-907473-04-4
ネルソン 松原/松本 創/小笠原 博毅
勝つためではなく、生きるために。日本に”ブラジル・サッカーを伝授し、日本代表やJリーガーを含む数多くの選手を育成した日系ブラジル人2世のサッカー指導者による、感動の自叙伝。テレビ・新聞・雑誌で話題に!
978-4-88282-924-9
ビクラム・チョードリー/ボニー・ジョーンズ・レイノルズ/大胡 香織/他
女性を中心に人気が高いホットヨガ、その元祖「ビクラムヨガ」創始者であるビクラム・チョードリーによる著作です。レッスン中のビクラムと受講者の楽しげな会話を交えながら、理想のポーズと実践者が陥りやすい現実について、約200枚の写真と共に解説します。クラス受講者によるユニークなレッスンメモもあり、初心者から上級者まで、楽しく簡単にヨガを実践できる一冊です!
978-4-7791-7013-3
小野 俊太郎
本年7 月に公開されたハリウッド映画『『GODZILLA ゴジラ』』(TOHO系列) にあわせて、完全書き下ろしで刊行した小野俊太郎の最新作!
2007 年『モスラの精神史』(講談社現代新書)、2010 年『大魔神の精神史』(角川one テーマ21 新書)、そして、誕生から還暦を迎える今年、『ゴジラの精神史』が登場しました!
これまでの著作同様、目からウロコのウンチク満載!究極の深読み、そして、新たなゴジラ像が出現する!なぜ、ゴジラは死ななければならなかったのか?

なんとハリウッド映画の全世界で500億ドルを超える大ヒットに押されて本家本元の日本映画『ゴジラ』の新作も2016年に放映することが決定したそうです。ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』も続編が決定!!
ゴジラブームはしばらく続きそうです。

978-4-908055-01-0
鎌田 東二/伊藤 高章/高木 慶子/他
3.11東日本大震災においての喪失や絶望や悲嘆は、これまでの「心のケア」という言葉や方法では対処できないほどのものでした。企画・編者の鎌田東二先生は、何を措いても、東日本大震災後の社会を一人ひとりがどう生きぬいていくかという深刻な問題に取り組むべきと考え、人間存在まるごとのケアとして、「スピリチュアルケア」を第1巻にして、講座スピリチュアル学 全7巻をスタートしました。年3回、3年に渡っての刊行予定です。
978-4-907053-06-2
関根美有
自社のウェブ連載、冊子掲載をためて書籍化、知る人ぞ知る著者の初単行本漫画を刊行。版元となって2年目、こういうやり方で本を出せれば、と思っていたかたちで初めて出版できました。初回配本は少ないものの「全国の学校図書館におけばいいのに」「立ち読みした人がまっすぐレジにもってくる」などうれしいコメントもいただき、もっとたくさんの方に読んでもらいたい、と書店訪問の日々です。
978-4-905369-90-5
富澤一誠
ただの「懐かし本」ではありません。レコード会社、FM局、書店ほか、さまざまな方々とのコラボレーションが生まれた本です。「歌」はいろいろなものを呼び寄せるようです。
978-4-87615-280-3
植田 一三/上田 敏子
2011年初版を、富士山の世界遺産の話題など含め改訂しました。世界遺産や伝統文化からポップカルチャーや日常の風景まで。英語で世界に発信したい日本を厳選しました。通訳案内士をめざす方、観光産業に従事する方には必携の一冊です。。
978-4-7808-0212-2
古賀 学
競泳水着+ニーハイソックスで「なぜ組み合わせたのか?」「誰得?」と話題を呼んだ「水中ニーソ」の第2弾です。
新しいメカ(水中専用ニーソ)を装着した水の中の女の子の写真が話題になりました。
978-4-86559-113-2
和田誠
数千に及ぶ書籍を手がけてきたイラストレーター/デザイナーの和田誠の、おもにこの20年間の装丁作品から716点を選び、フルカラーで収録した作品集。記念すべき200冊目の著書でもあります。出版人必携!
978-4-904544-34-1
ベターホーム協会
高齢になると、調理や買い物の不自由や、歯のトラブルなどで、食べづらくなり、食事をおろそかにしがちです。あまり食べなくてもよいという思い込みも。
元気な親でいてもらうために、子は親の食の応援団になりましょう!
「高齢者が食べやすい作りおきのおかず」と「冷凍や保存のコツ」を紹介します。
作ったおかずを宅配便で送る際の注意点も盛り込んでいるので、遠方に住む親の食もサポートできます。
978-4-7505-1408-6
ブース,マイケル/寺西 のぶ子
2013年のわが社の1冊『英国一家、日本を食べる』に続く第2弾。イギリス人フードジャーナリスト一家が、100日間で日本を縦断。深い教養に裏打ちされた日本食へのリスペクトと、英国人ならではのユーモアが光る「旅と食の記録」。わたしたち日本人が見落としがちな「日本の食」の素晴らしさを再発見!!
978-4-902381-31-3
川合典子
帰国子女は、英語がぺらぺらになるまで大変な努力をしていたなんて知らなかった!・・・私自身が英語堪能な同僚を見て「向こうにいたからね」と思ったことを反省した本でした。
「通じる英語」になるための勉強法は、若い方からビジネスの第一線で活躍中の方まで役立ちます。

978-4-906740-13-0
堀 淳一
幼い頃から地図と鉄道に魅せられてきた、御年88歳になる札幌在住のエッセイスト・堀淳一さん。日本エッセイスト・クラブ賞受賞の洒脱な筆致で、新旧地形図のべ200枚とともに道内全14路線を走破! 列車に乗ることそのものの魅力を、各線の歴史や移り変わる車窓風景の妙を通して克明に綴る、旅情たっぷりの一冊です。

さらに、特別付録として懐かしい鉄道路線図を復刻! 表には、樺太の路線図も入った戦前の昭和19年版、裏にはローカル線全盛期の昭和41年の道内路線図を配し、北の鉄路の変遷が一目でわかります。

この冬、“北の鉄路”を地図と活字で旅してみませんか?

978-4-8396-0277-2
菱田慶文
タイの面白さを再認識させてくれる本。大学の研究者が論じるタイだけがタイではない、身体をぶっつけあってこそ見えてくるタイもある、という一冊。著者の菱田さんも、不器用だけど、やさしい、すごく魅力的な人だった。わが社はやっぱりこんな本を出していきたいな。
978-4-904678-52-7
稲荷 誠
中学を受験させるべきか、させないでおくべきか。親も子も悩みますよね。著者は京都府長岡京市で数学専門の学習塾を開いています。東大、京大クラスの合格率がとても高いのです。その秘訣は、算数・数学を前倒しで学習させること。優秀な子は、ムダな中学受験は必要なし、奨学生らしい生活を楽しませるべしと言い切ります。
現在3刷。小学生の親御さんが「中学受験」を考えるのに、時期は関係なさそうで、年間を通してコンスタントに販売数を伸ばしました。
978-4-8429-1617-0
谷口 貢/板橋 春夫
社会の変化により、私たちの生活様式、意識は大きく変化をしてきました。それでも七五三、結婚式、長寿祝いなどの儀礼は残っています。そうした日本人の一生にまつわる文化・民俗を紹介した本です。民俗学からのアプローチから著されたものとして好評を博しています。
978-4-89732-299-5
農業情報学会/大政 謙次/町田 武美/他
「攻めの農業」を実現させるスマート農業!
978-4-87616-033-4
綱澤 満昭
没後、童話作家としてその名を高めた宮沢賢治。
その短い生涯をたどりながら、彼を比類ないイーハトーブの世界へと導いた精神と思想の正体を読み解いていきます。
どんな家に生まれ、どのように考え、どのように生きた中で、数々の名作がうまれたのか?
賢治の作品ほど多くの解釈が存在する童話もないでしょう。
本書を読んでいただいて今まで気づかなかった賢治の世界に触れていただければうれしいです。
978-4-8118-0774-4
結城 千代子/田中 幸/西岡 千晶
14年8月に創刊した手元に置きたくなる、世界を描くあたらしい科学入門シリーズの1巻です。竹内薫氏(14/9/10日経新聞夕刊)、佐倉統氏(14/10/26朝日新聞)と立て続けに書評いただき、たちまち重版となりました。いまなお売れ行きは衰えず、これから大切に育てていきたいシリーズです。第3巻『摩擦のしわざ』は1月刊行予定。
978-4-904702-46-8
成田 亨/富山県立近代美術館/福岡市美術館/他
ウルトラマンのデザインなど特撮の世界で大きな足跡を残したデザイナー・彫刻家 成田亨の決定版作品集。
ウルトラマン、マイティジャック、ヒューマン、バンキッドから、モンスター大図鑑、特撮美術、後年の絵画・彫刻まで。未発表作品、実現しなかった幻の企画案も含む、全515点一挙収録。
2015年1月6日から福岡市美術館で「成田亨 美術/特撮/怪獣」展が開催されます。
978-4-905342-01-4
宝賀 寿男/蒲池 明弘
弊社二冊目の本。「秀吉の母方先祖は、朝鮮半島から移住した渡来系鍛冶」という伝承を起点とする論考です。週刊文春8月28日号「私の読書日記」で、立花隆さんに紹介していただいたことが、今年のささやかな収穫です。「鉄」のつながりで、日刊鉄鋼新聞という業界紙にも掲載され、本をつくれば、意外な広がりが生じるものだと思いました。
978-4-8013-0023-1
野村 克也
プロ野球界の重鎮、野村克也氏が全12球団の歴代投手ベスト10を選出!
ダルビッシュ、田中将大、金田正一、稲尾和久、斉藤雅樹、大谷翔平…
最強の投手はいったい誰なのか?
プロ野球ファンなら老若男女楽しめる一冊です。
978-4-88325-177-3
松下 浩
滋賀の自然や歴史、文化、暮らしなどさまざまな題材を取り上げた「淡海(おうみ)文庫」が今年、創刊20周年を迎えました。自らの言葉で地域の歴史文化を語り継ぎ、まさに滋賀県の百科事典と言えるシリーズを目指してきた淡海文庫。記念すべきシリーズ53冊目では、歴史上の人物の中でも人気の高い人物の一人である織田信長を取り上げました。
本書では、残された資料から信長の事績をたどり、史実にもとづいた信長の真実の姿が明らかに!さらに、信長の近江侵攻によって及ぼされた影響などから、近江の中世から近世への過程をたどります。
978-4-903175-55-3
過去に書店などに無料配布していたムック『時代の旅人』の書籍版です。ナポリタン特集ほか、小社シリーズ書籍『まだある。』にちなんだ、「私のまだある。」のコーナーでは、やくみつるさんや林家正蔵さんをはじめ、みうらじゅんさんや森永卓郎さんといった著名人も登場。昭和のエネルギーがギュッと詰まった一冊です。
978-4-901574-09-9
吉武和治郎
都道府県の魅力度ランキング最下位の茨城県。
でも知られていないだけで、自然はとても豊か。
県内をすみずみまで歩いた中かた63か所にしぼった
自然散策コースを紹介しています。
著者、吉武和治郎さんは、
地衣類専門の自然学者。
道路で、人間の自動車によって殺された動物を
剥製にして教材にする「おもしろ理科先生」としても知られています。
978-4-907239-05-3
加藤 直樹
初版2000部からスタート。書店・読者のみなさまの支援あって、年内に4刷12000部まで積み上げることができました。「良書よりも、手間のかかった本を」との小社モットーが受け入れられたことは、とてもうれしいです。
978-4-907127-11-4
小西 誠
パワハラ・いじめが蔓延する中、多数の自衛官たちから「自衛官人権ホットライン・」に届く「辞めたい 死にたい」という悲鳴。

AKB48や萌えキャラまで動員して入隊募集が宣伝される自衛隊内は、実態と大きくかけ離れた国営ブラック企業だった!

自衛隊入隊前に読む必読本。そして、集団的自衛権行使で、日本が戦争に向かって突き進む中、当事者の隊員たちが語るその現実!

978-4-7885-1399-0
小熊 英二
書名どおり、直球、ストレート勝負の一冊。古市憲寿、高原基彰、上野千鶴子、小川有美、酒井啓子、篠田徹、湯浅誠、保坂展人、東浩紀、菅原琢、韓東賢、木村草太ら諸氏12人との、9つの対話。読んでてその場にいるような緊張感に襲われたあと、読後対談者の方々の著作をじっくり読みたくなります。
978-4-903908-57-1
内田樹
今年、わが社でいちばん売れた本です。が、まだまだ読まれるべき内容の本だと思っています。営業がんばります。
978-4-907583-09-5
冨田 恵一
各方面で話題の音楽書!好評2刷!
20世紀の録音芸術がどのような技術と工夫のもとに作られたのか?
ドナルド・フェイゲン『ナイトフライ』を題材に解説。
音楽プロデューサー、冨田ラボによる、初の著作。
978-4-947767-14-1
小川仁志
弊社の創立15周年を記念して、モノとしての本のよさにとことんこだわった本をつくってみました。銀箔をふんだんにつかった美しいデザイン、一流の職人が手作業でしあげたマグネット入りの特殊製本。本体価格6500円と少し高額ですが、宝物にしたくなるような本です。中身は、「自由」と「平等」の関係を小説仕立てで面白く読ませる哲学入門書。お名前入りメッセージカードと、必ず著者から返事が届く質問カードつき。小学校高学年から、中高生へのギフトに最適です。
978-4-86249-230-2
相羽 秋夫
上方、江戸から現代まで、ユーモアと婉曲表現の宝庫「しゃれことば」。粋心と艶笑あふれる言葉遊び、比喩・ことわざ、歴史、風俗、地理をふまえたフレーズなど、約1,000語を収録し索引を付す。
◉赤児の行水(盥で泣く)/◉兎の逆立ち(耳が邪魔)/◉活版屋の小僧(インキが臭い)/◉狸の金玉(股が一杯)/◉薬缶の中身(湯ばかり)などなど、機知をきかせた会話を楽しむためのネタ本。好評3刷。
978-4-89982-251-6
福岡耕造
美容室の専門誌からローカルテレビのドキュメント番組まで、いろいろとりあげられた写真集です。密かに映画の原作になればいいかと思っています。
978-4-86166-181-5
井上琢智
『J.S.ミル評伝』(A.ペイン著)に、「…最も重要な記録は彼が15歳の時のフランス旅行」と記される、若きミルが1年強を過ごしたフランス留学の記録。関西学院大図書館所蔵の日記手稿に、大英図書館とセント・アンドリュース大学所蔵の手稿資料を加えた、完全版の初の公刊。手稿のファクシミリ・リプリントに全文の英文翻刻、注釈と解説入り。
978-4-8074-1399-7
上野 千鶴子
『クロワッサンPremium』に5年間連載された社会学者の上野千鶴子さんの映画評をこの一冊にまとめました。
厖大な鑑賞作品の中から、選りすぐられた映画への上野千鶴子流オマージュ・賛嘆・皮肉・慨嘆・叱咤・激励の数々が熱いコトバで表出され続けます。
978-4-903355-42-9
高橋 和美
さまざまな依存症に苦しんでいた著者は,何度も依存症からの脱出を試みるが,その度ごとにふり出しに戻り,回復までの道筋はけっして容易なものではなかった。ところが,ある気づきからその脱出の道を見つけるのだが,それはとても単純なことであることに気が付いた。ついに人生を取り戻した時の思いを振り返りながら,依存症に苦しむ人々が薬によるのではなく,その単純なことを知って回復してほしいという切なる思いを,自らの言葉に込めて伝えている。
978-4-903355-42-9
松尾 龍之介
1968年の返還から46年、世界自然遺産の島々は、なぜ日本の領土になりえたのか。小笠原諸島からみた近代日本の外交史。

▲ページの上端へ

2013年 我が社の一冊

2013-12-4 水曜日  ( )

この時期になると一年を振り返る気分になります。
2013年、今年も版元ドットコム会員社は色んな本を出しました。
話題になった本もあれば、残念ながらそうでもなかった本もあります。
どの本も皆さんに読んでいただきたい、それが正直な気持ちではありますが、その中から「あえてこの一冊」を選び、改めてご覧頂きたいと思います。
豊かな本との出会いをお楽しみください。
978-4-7998-0119-2
ペーテル・バルトーク
新聞、雑誌、Web等々(一瞬テレビでも!)で、これだけ弊社の本が採り上げられたことはありませんでした。実は、スタイルノートにとっては初の翻訳書であり、初の上製本でもありました。初初づくしの本であり、今後もずっと忘れられない一冊になったことは間違いありません。多くの人に教えてもらいながら作り、原著者がお元気なうちに手渡すことができたという点も含めて、今年一番の良い思い出かもしれません。
978-4-8429-1614-9
石川 明人
人はなぜ戦うのだろうか。祈りとは何なのだろうか。私たちが求める平和とは何なのだろうか。戦争と宗教とを両輪に未踏のテーマにいどむ、勇気ある挑戦の書!人間の矛盾や悲しみや葛藤を通して、人間の存在を謙虚に見つめ直す
978-4-906738-03-8
スラヴォイ・ジジェク
いま世界各地で起きている争乱のきっかけこそ、2011年に起きた出来事(アラブの春、ウォール街占拠etc.)であり、今後の世界を左右する〈始まり〉となるだろう。これは革命の前兆なのか、保守反動の台頭なのか?
978-4-7735-0242-8
板倉聖宣
日本科学史学会会長・仮説実験授業研究会代表:板倉聖宣氏の論文選集。科学史家・教育学者でもある著者が,〈理系のまなざし〉で「戦争と平和」「正義・理想」「民主主義」について根本から問い直す。現実社会の見方・考え方,そして自分の生き方を見つめ直すための一冊。
978-4-904702-43-7
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画 待望の第二弾。“どーでもいいけど楽しげなこと”満載。面白きことも無き世を、面白く!
978-4-901964-25-8
木村 広之
調査対象の方々に無用な負担をかけることなく、効率よく調査を進められれば、本来のケア業務のための時間だけでなく、介護を受ける方々と向き合う心の余裕も生み出します。
978-4-7565-0124-0
ルドルフ・シュタイナー
瞑想の言葉、祈りの言葉という道を通って、人間の意識は宇宙の神性の中に入っていく。宇宙に響く言葉を地上の言語に翻訳したマントラ集。2013年7月に没した編訳者・西川隆範トリビュートの新版です。
978-4-88392-921-4
ミニマル
本書では、神社の宮司さんなどその道のスペシャリストが教えるしきたりの意味や作法を紹介。 日常生活のしきたりから、冠婚葬祭の作法、 家族行事、そして年中行事まで……、日々の生活を豊かにする、“日本の作法”を学べる一冊です!
978-4-906586-35-6
南 英作
由布院、九重、わいた、黒川、雲仙、指宿など浸かって良し、眺め良しの感動の絶景温泉・52軒を紹介。巻末には「同伴1名無料入浴クーポン」(12軒・8800円分)を付載。ドライブのお伴におすすめの一冊です!
978-4-8105-2125-2
中込四郎
新たな学問領域の体系化をめざした意欲作です!
978-4-7505-1304-1
ブース,マイケル
思い出横丁の焼きそば、相撲部屋のちゃんこ、道頓堀のお好み焼き、札幌ラーメン、博多ラーメン、京都の鯖鮨、等々。イギリス人ジャーナリストとその家族が、日本の食の現場を探し、見つめ、食べまくった異色の食紀行。13年4月刊行以来、継続的にメディアにも取り上げられて12月現在11刷と依然好調です。
978-4-87615-260-5
神崎 正哉
「通常であればCD3枚になる音声教材をデータ化、解説部分は印刷・製本せずPDF化、ともに付属のCD-ROMに収録」という、弊社としては初の試みです。その効果もあって、5回分1000問で1500円(税別)という価格を実現しました。安い!
978-4-87430-047-3
内村 剛介
全7巻完結「代表」したとき詩は亡んだ。詩は言い切るためにある。「理解」とは「曲解」である……とする著者の、詩への愛着は断言的命題となって迸り、独特の外国文学翻訳論が展開される。
978-4-906740-08-6
浦田 久
甦る、ノスタルジック札幌! 本書に掲載された100点余りのスケッチを見て、昭和20-30年代の札幌が実に風情ある街並であったことを知り、驚かされました。ヨーロッパの建築物を思わせる、数々の失われた建物は、いま見ても素晴らしいデザインばかり。名匠・黒澤明監督が、ドストエフスキー原作の「白痴」を映画化する際、ロケ地に札幌を選んだことも納得できるロマンチックな街並みなのです。ぜひ、本書でそのノスタルジックな風景をお確かめください。
978-4-7634-0658-3
上田 誠吉
4月に復刊した『ある北大生の受難』(上田誠吉著)です!秘密保護法案で議論深まる中、たくさんの方に手に取っていただきました。朝日新聞、毎日新聞と書評も掲載。Twitterの関連情報の更新を通じて多くの読者の方と知り合うこともできました。
978-4-7677-0140-0
曳家研究会
建築技術初の図書館でヒットした作品。通例以外の販路が拡大して、様々なことを学ばせていただきました。版元ドットコムとの縁も、この書籍が取り持ってくれました。
978-4-907239-00-8
ファーティマ松本
ISBNでも我が社のスタートを飾った本です。また、サウジアラビア、ひいてはイスラム圏の普段着の生活を伝えることでパラダイムシフトを促すという意味で、我が社の「原点」とも言える一冊です。
978-4-907127-02-2
火野葦平
戦前300万部の発行部数を誇った名作の復刊です。NHKスペシャルの「作家たちの戦争」で著者が取り上げられたこともあり、重版間近です。この『土と兵隊 麦と兵隊』に『花と兵隊』を加えたのが、火野葦平「兵隊三部作」と言われ、小社で復刊しましたが、これに『密林と兵隊』という四部作目を加え、完結編として出版しました。
978-4-501-55210-7
脇 英世
いまやハイテク企業の一大拠点となっているシリコンバレー。その誕生から、そこで活躍する人々、企業の歴史について、エピソードを交え詳細に語る。スティーブ・ジョブズがアップル社を創業する基盤がそこにあった。
978-4-904196-11-3
マウリ・クンナス
あらくれアリーが、オートバイで78台の自動車を飛び越える芸に挑戦します。もし、それが成功したら世界記録!でも、なんと、本当にそんなことをやってのけたのは・・・・・・。フィンランドで大人気のシリーズ。
978-4-8295-0590-8
エドワード・ルトワック
中国を知り尽くした戦略家が、戦略の逆説的ロジックを使って中国の台頭がいかに自滅的なものかを解説した異色の中国論。 2012年11月刊行書の完訳版です。――中国の政府高官たちによく見られるのは、「外国との間の長年にわたる未解決の紛争は、故意に危機を煽ることで解決できる」という考え方だ。そうすることで強制的に交渉を開始させ、紛争を収めようというのだ。示唆に富む言葉と分析が詰まっています。
978-4-88065-330-3
辻川 覚志
ひとりになったら、ひとり暮らしがもっとも現実的で、理想の姿であり、もっとも幸せに近いことがわかりました。高齢者本人へのアンケート調査から、老後を幸せに暮らすための心構えと方法を考える1冊。
978-4-904544-30-3
ベターホーム協会
シニアに健康を問うと“メタボ予防”と返ってきますが、高齢期に向けては“老化予防”への意識のチェンジが必要です。そのためには食事をしっかり食べる。本書は日々なにを食べたらいいのかをお伝えします。専門家による健康長寿知識に加え、料理教室の先生ならではの、食べやすく作りやすい調理のコツが盛りだくさん。めざせ、健康長寿を願う“つるかめ”さん!
978-4-901908-72-6
田尾 和俊
田尾和俊(麺通団団長)×勝谷誠彦(コラムニスト)が地方のこと、日本のこと、マスコミのこと、うどんのことを地方愛満載で語り合った鼎談本。地方が豊かになるために、一住人としていったい何ができるのか。考えるためのヒントがこの本にたくさん詰まっています。
978-4-86249-213-5
エクナット イーシュワラン
ガンディーの強靭な精神世界を支えていたのは、自ら「精神の参考書」と呼んだ『バガヴァット・ギーター』であった。ガンディーの内面=精神世界にスポットをあてた異色作です。白黒写真70点収載。
978-4-7872-9216-2
一柳 廣孝
アニメ・漫画・映画・文学にも大きな影響を与え続けるライトノベルの過去から現在までを押さえたうえで、ジャンルを越境するラノベの可能性やより深い作品読解を大胆に提示する読み方入門です。
978-4-86166-158-7
杉本鉞子
戦前期米国で大人気となった日本人女性作家の初の著作集です。長岡藩の家老の家に生まれ、結婚のため米国へ移住、処女作A Daughter of Samurai(『武士の娘』)は、同年刊行された『華麗なるギャッツビー』をはるかに上回るベストセラーとなり一躍米国の人気作家となります。すべての作品を英語のみで著したエツ・スギモトの全英文作品と雑誌記事を復刻集成しました。
978-4-7709-0061-6
東原 和成
何げなく感じている、ワインや食べ物のにおいと味わい。 いざ言葉にして、誰かに伝えようとすると、 それは案外難しい。 そもそも、ワインの香りの正体とは何か? 私たちは、どうやって、においや味わいを感じているのか? 「おいしい」とは、どういうことなのか? これらの疑問を、最先端で研究を続ける嗅覚の科学者、味覚の科学者、醸造家、ワインジャーナリストが、分かりやすく解き明かします。
978-4-904827-16-1
斎藤雅久
反響が非常に大きかった、「大人のための」英文読解本です。予備校講師歴35年の著者が、英文の時代背景や作者の心理にまで踏み込んで、詳しく解説。教養の幅が大きく広がる、知的興奮に満ちた一冊です。
978-4-904117-96-5
ジャック・アンジェロ
イギリスのスピリチュアル・ヒーラーであるジャック・アンジェロさんの翻訳は世界16カ国語で出版され、文字通りヒーリング界の第一人者です。この著書は邦訳では2冊目になります。1冊目の『スピリチュアル・レッスン』が、ヒーリング能力を開発させる本物のヒーリング・ブックであるのと同様、こちらはヒーリング呼吸に関しての完璧な本と思い、編集部からおすすめします。
978-4-86329-093-8
麦島 勝
表紙の子どもたちの写真がとても印象的との声をたくさんいただきましたーー。戦後復興期から高度経済成長期の「あの頃」、確かにあったあの顔、あの風景、あの心。昭和20〜30年代を活写した写真群の中に平成が失った〈何か〉がある。
978-4-903175-46-1
渡辺康則
日本最古の歌集として知られる「万葉集」。そこには、変則表記、異例記述といった不自然な箇所が多く残されている。これまでは編者のミスとして見過ごされてきたが、この不自然な箇所こそが改ざんされた「日本書紀」を読み解く上で重要な鍵だった。「万葉史観」のもとに浮かび上がる新事実が歴史の常識を覆す! 
978-4-7738-1219-0
ガブリエル・クーン
ヨーロッパ、南米、アフリカ……、世界各地からひろい集められた無数の声が、この魅力あふれるスポーツの歴史と華やかなサッカービジネスの裏側、フットボールを心から愛する人たちの多様な実践を描き出す。ラジカル・フットボーリズム入門、決定版!
978-4-903355-34-4
武田 邦彦
原発事故から1000日が過ぎた今,再開される原発に備えて子どもたちを守る準備はできているのだろうか。原発再開の議論が進む中、「子どもたち」のことが忘れられている。常に児童生徒を守るために行動する教育界の髙い意識が求められている。
978-4-902381-28-3
三羽 邦美
万葉仮名の謎にも迫ります。
978-4-9905516-5-0
高橋 五山
若返りの水をたくさん飲みすぎて、赤ん坊になってしまう笑い話。泉の水をのんで若返った彦じいさん。おばあさんにものませてやりました。それを見ていた隣の権じいさん。さて、欲張り権じいさんは若返ることができたかな・・・。
978-4-7531-0315-7
エリック・アザン
「幸せな気分になりたかったら、この本を買って散歩してみたらいい」。現地の雑誌がこう謳ったパリ論の傑作。歴史上の作家たちと街角で交わり、歴史的建造物の“現場”に出くわすかのような臨場感溢れる魅惑的な「パリ案内」。
978-4-89732-276-6
矢口 芳生
いのちを紡ぐ農の営み、その重要性を平易に説く!TPPに象徴される農業貿易自由化問題、日本農業の現状、地域農業再建、直接支払制度の4点に焦点を当て、日本の農家の将来図を鮮明にする。
978-4-86261-098-0
佐藤栞
児童文学評論。シリーズ「てらいんくの評論」最新刊。「励ましてくれる子どもの本」とタイトル副文がある。『銀の馬車』『ねずみ女房』『愛のひだりがわ』などの名作12冊を取り上げ、特に女性たちの「自由の獲得」という斬新な切り口で評論し、その生き様を読み解く。主人公のみならず、脇役にも光をあてた異色作。
978-4-87077-218-2
藤田 浩子
わらべ唄・あやし唄のCD付・赤ちゃんの育児本。大家族の中で赤ちゃん育児を子どものころから見てきた世代と、自分の子が初めて見る赤ちゃんという世代では自ずから経験値が違う。かつては当たり前だった育児のイロハを、幼児教育50年のベテランが懇切丁寧に解説。赤ちゃんと見つめ合うこと・リズムを付けて歌うように語りかけることから説く。CDにはわらべ歌など74曲を収録。新米ママだけでなく、新任保育士の研修テキストにも最適。プレゼント向き・上製2色刷り。
978-4-88282-860-0
ブロンウィン・コスグレーヴ
40店舗の書店さんで、大きくフェアをやっていただきました。B1サイズのポスターを作り、今年最大に力を入れた商品です。
978-4-904933-01-5
長沼 豊
日英のシティズンシップ教育が注目されています。1月には朝日新聞でも特集されるとのこと。わが社いちおしの一冊です。
978-4-904402-33-7
柳家喜多八
喜多八師匠の近年のパワー&勢いに、編集スタッフもつい巻き込まれ(笑)落語の本とは思えない、超豪華な作りになってしまいました。喜多八ファン、古典を聴く方はもちろん、落語に親しみたい人、カレセン好み(?)の女性の方々などなどにも、ぜひ手にとっていただきたい本です。2013年、クリスマス前後の発売予定です。
978-4-87525-299-3
原 憲之介
大発見:ジャイロスコープが、逆転する! 地球も同様にひっくり返ったのではないか? 7億年前の地球の赤道付近で氷河の跡があるのは、そのせいではないのか? 厳密な力学的理論を駆使し、地球逆転の根拠を明らかにする。著者の人生を賭けた力作。
978-4-925064-68-2
藤井 陽一
「あまちゃん」の大ヒットもあり、今年はアイドルや歌謡曲が注目されました。そんななか刊行された本書では、かつて生み出された「ラグジュアリー感」溢れる日本のポップス、アイドルソングを掘りまくってます。派生企画として、掲載された盤がCD復刻されるなど、ひとつのムーブメントを起こした一冊です!
978-4-947767-12-7
芦田宏直
約500ページもある分厚い本。定価も2800円+税と結構高額なのですが、よく売れています。高校生でも読めそうなとっつきやすい内容から、大学教授をもうならせるような深い哲学的な話まで、読みながら知的階段を上っていくような珍しい本です。
978-4-8396-0273-4
日本中国友好協会
2004年3月21日に東京、大阪、福岡で実施させれる「中国百科検定」(日本中国友好協会主催)の公式テキストであり、またとてもバランスのいい「中国概説」でもあります。歴史・経済・政治から世界遺産まで、さすがに中国は広く、深い。知らないことが多いですね。
978-4-906761-01-2
齋藤 志乃
果物や野菜をミキサーにかけるだけ、栄養も抜群、飲むだけでキレイ&健康になる「スムージー」。果物だけで作る「フルーツのスムージー」、葉野菜を使った「グリーンのスムージー」、スプーンで食べる「食べるスムージー」のほか、あまったスムージーで作るリメイクレシピなど、30代からのキレイ&健康にこだわったスムージー本。
978-4-88325-172-8
滋賀県教育委員会事務局文化財保護課
滋賀県は一見地味だが、実は国宝・重文が全国第4位というお宝県。建造物、神仏、祭など地域の人々が継承し続けてきた祈りの「かたち」を県文化財保護課の担当者が紹介しています。小社も本書の売上の一部をマザーレーク滋賀応援基金に寄付しました。
978-4-89982-241-7
宇田智子
日本一大きな新刊書店の書店員から、日本一狭い古本屋の店主へ。〈ジュンク堂那覇店が開店するときに東京から異動してきた私が、その二年後にひとりで古書店を始めるとは、自分でも思いもしなかったー〉市場通りは行き交う人も本もおもしろい。三畳の帳場から眺める、日々の切れはしを綴った、古本と市場のエッセイ。沖縄県産本としては珍しく全国各地の本屋さんから注文がありました。
978-4-305-70698-0
説話文学会
2012年の説話文学会50周年記念大会と暮れに行われたソウル大会を丸ごと一冊にまとめて、おまけのエッセイ、説話文学会の今までの記録も入れた本。完全にプロ向けの研究書なのですが、研究の先端をひた走る熱量に圧倒されると思います。隣接分野の研究者にも、これから日本の文学・文化・歴史を研究していこうと考えている人には、ぜひ読んでいただきたいと思っています。
978-4-588-00989-1
ジャック・デリダ
『グラマトロジーについて』『エクリチュールと差異』『哲学の余白』と並ぶデリダの初期代表作、待望の全訳! 〈書物〉の円環を破砕する「書物外」、ロゴスの真理を転覆させるパルマコン(薬/毒)としてのエクリチュール論「プラトンのパルマケイアー」、マラルメの詩学に形而上学の脱構築を見出す「二重の会」、ソレルスのテクスト機械に接ぎ木する「散種」の四篇が織りなす、書物ならざる書物の到来。
978-4-7791-1905-7
酒井 潔
80年前の発禁本を完全復刻したのが本書。国立国会図書館、デジタル化資料アクセス数、圧倒的第1位の“問題の本”を復刻しました。実物の『エロエロ草紙』を見てみると表紙は実はカラーで、中面もカラーページがたんまりありました。しかし国会図書館での無料配信時も今現在売られているキンドルの電子書籍も、どちらもモノクロだったので、今回初めて当時の本にかなり近い復刻がされたことになります。しかも紙でないと復刻できない「仕掛け」の部分までも再現しました、お勧めの1冊です。
978-4-8074-1373-7
野田 峯雄
漢検事件ーーメディアに踊らされた誤解だけが独り歩きしています。京を代表する各界の偉い人たちまでが絡んでいます。漢検の偉大な成果をささいな言いがかりで葬り去り、ハイエナが甘い汁だけに群がります。京都に生まれた漢検は清水寺より発表される「今年の漢字」をはじめ漢字文化の深さを広めた世界に誇るべき文化的遺産です。正当で清潔なかたちで後世に伝えなくてはなりません。
978-4-903835-68-6
橘 とも子
突然の事故で高次脳機能障害と身体障害と共に生きる人生を16歳で再設計しなければならなった少女は、努力の末に医師になり、結婚・出産・育児も経験します。人生を攻略しようと悪戦苦闘している全ての人々に、大きな勇気を与える一冊です。
978-4-7808-0197-2
岡田 康宏
この本は、10人のアイドルファンに、イベント会場以外での姿も合わせてインタビューを行なったものです。年齢は20代から50代まで。既婚者が4人、離婚経験者が1人、子供を持つ人も2人。社長が1人、会社員が6人、自営業が1人、隠居が1人、職業不詳が1人。それぞれに違った考え方を持つ10人の大人のアイドルファンが語る、「大の大人がアイドルにハマっている理由」をぜひ読んでみてください。
978-4-944163-45-8
小林 達雄
 火焔型土器をはじめとして、縄文土器はその造形の複雑さ、多様さから大いに魅了させる。なぜ、このような造形が生まれたのか、どうやったら生まれるのか。 縄文土器の研究者はその編年だけでなく、今や、縄文人の世界観などさまざまな情報をそこに見つけようとしている。 本書は、若手研究者らが一般の愛好家たちにもわかりやすく、しかも研究の最前線を書き下ろした一冊だ。2012年11月に出版されたが、図版や注の工夫もあり、コンスタントな人気となっている。
978-4-434-18330-0
佐藤健志
発売後2週間経たずにAmazonでランキング1位に。その後も、何度か1位に返り咲き、今も常に、10位以内をキープ。岩手県知事の達増拓也氏、評論家の中野剛志氏、京都大学教授の藤井聡氏はじめ、多くの方から絶賛をいただいております。来年の3.11に向けて、3刷への準備にとりかかっています。
978-4-86412-062-3
モンテイロ・ロバート
ブラジルの子どもたちに愛され、親しまれてきた物語が日本で初翻訳!ブラジルの児童文学のおもしろさ奥深さを日本の子どもたちに伝えたい。― 訳者の熱い思いが実現しました。著者のモンテイロ・ロバートはブラジル児童文学の父と呼ばれ、その作品はブラジルの子どもたちに読み継がれ、絶大な人気があります。政治・経済からサッカーワールドカップ、オリンピックとブラジルに対する世界の関心が高まるなか、日本のとの交流も深まるものと期待されます。多様な文化を柔らかく包み込むブラジル社会の魅力を、本書の自然や妖怪や子どもの世界をとおして、日本の子どもたちにもぜひ紹介したいのです。
978-4-86454-036-0
田中茂範
高校生から英語教師まで幅広い層に向けた文法書の決定版。発売2週間で早くも品切れ、増刷!

▲ページの上端へ

2012年 我が社の一冊

2012-12-4 火曜日  ( )

2012年、世の中に本は溢れています。
そんな中でも、版元ドットコム会員社は「あえてこの本」という一冊を世に問いかけ続けてきました。
どれもこれも自信の一冊ではありますが、その中から各社一冊を厳選し、改めて世に問いたいと思います。
豊かな本との出会いをお楽しみください。
私どもは1963年の創立以来、人々の豊かな食生活に貢献するため、料理教室の開催や料理の本の出版を行ってきました。50年の節目に発行した本書は、料理教室に通わないと習えなかったコツを詰め込んだ、一生役立つ家庭料理のレシピが満載です。
なぜチベット人の焼身抗議が後を絶たないのか。本書は、北京に「国内亡命」を余儀なくされ、〝一人のメディア〟として創作と発信を続けてきたチベット出身の女性詩人が、闇に隠された「秘密」に澄明な光を当てています。
スタイルノート
水野 信男
今年は装丁に(弊社としては)力を入れた年でした。この本も、マルプデザインさんのご尽力のおかげでおもしろい仕上がりになりました。お金はちょっと余計にかかるけど、より自信を持って世に出せる本を作ることができた気がします。中身も大事だけど外見も大事、と実感した年だったかもしれません。
1973年に発刊された『ノストラダムスの大予言』を皮切りに、続々と登場したオカルトネタに当時の子供たちは心を鷲掴みにされた。あの昭和のオカルトブームを『まだある。』シリーズの著者・初見健一氏が再考。昭和オカルトキッズ必読の一冊です!
恵雅堂出版
内村 剛介/陶山 幾朗
[日本/ジャパン]との確執。著者が「シベリア」から持ち帰った苛酷な尺度に照らすとき、戦後日本、及び日本知識人はどのように映じたか。近くて遠い〈ジャパン〉への眼差しと「観念の美」を峻拒する—戦後日本知識人批判。
2012年7月に刊行して2ヵ月後の9月に2刷、さらに12月にも3刷。幅広い層からの予想以上の反響に驚きつつも、これから定番に育てていくべき一冊として確かな手応えを感じております。めざせ! 10万部!
蓮實重彦氏が絶賛。名脚本家として日本映画史にその名を刻む著者が、70年代に発表した全8篇(文學界新人賞受賞作を含)の初の単行本化。函入り布クロス装、栞(青山真治、荒井晴彦、上野昂志、松田政男)つき。
忘年会・新年会は、月島もんじゃへ!
サンライズ出版
福井 健二/竹田 憲治/中井 均
山城ベスト50シリーズを心待ちにしていた山城ファンのご期待に沿うことができた5冊目です。平城を増やしたいと言われた編者にはなんとか17城に抑えてもらった次第。来年春は長野を攻めます。乞うご期待!!
以文社
鵜飼 哲/酒井 直樹/テッサ・モーリス=スズキ/他
近代化とグローバル化によって、格差の拡大など複数化した社会関係の総体を、〈レイシズム〉=隠蔽されたアイデンティティ・ポリティックスという視点から解明すると同時に、〈壁の崩壊〉以後の新たな国際関係史を素描する。
行動経済学、神経科学・脳科学等の最新の研究成果を取り入れ、より学際的な研究の活発化が見られる消費者行動研究。伝統的な心理学的アプローチを基本に据え、消費者行動の基礎的な理論から先端的な研究動向までを解説
亜紀書房
中島岳志/森まゆみ
本郷で生まれた煩悶青年たちは、第一次大戦後の好景気と不況、格差の拡大、関東大震災を経て、やがて政治とテロに目覚めていく。東京駅、日本橋、隅田川、永田町……東京のテロの空間を行く。1920年代が今と符合するのはなぜか? 歴史から何を学べるか。
彩流社
きむら けん
ブログが機縁となり、次々と物語が生まれ、特攻隊と疎開学童が信州松本浅間温泉で1か月以上も交流していた史実が明かされる、謎解きノンフィクション。出版後の反響がさらに新しい史実と物語を紡いでいる稀有な本。
吉備人出版
薬師寺 慎一
吉備の古代史研究の第一人者である薬師寺慎一氏が、独自の視点でまとめたキーワード事典。聖なる山、古墳、神社、イワクラなど、750項目を関連づけて解説。古代吉備の魅力を知る1冊です。
ありな書房
アビ・ヴァールブルク/伊藤博明/加藤哲弘/他
記憶の女神ムネモシュネが九人の娘/ムーサたちに託したアルテ、ヨーロッパ数千年にわたる文化的な記憶の地層を掘り起こし、形に動きを与える情念の身振りと形に理を与える星辰の天行が、時を超えトポスを超えてくりかえし浮かびあがらせるイメージの源層を解明する、イコノロジーの創始者アビ・ヴァールブルクが突然の死を迎えるまで向きあっていたプロジェクト、六三のパネル全体が形成するアルカディア的な魂の空間に動的原理を吹きこむ、アビ・ヴァールブルクの夢見たイメージの宇宙を読み解く!
レシピ至上主義の日本のフランス菓子界の中で、「フランス菓子を作るのに必要なのは、精神性である」と説き、フランスと同じ味わいを追求してきた弓田亨の人生が、様々なお菓子の中に刻まれていることが感じられる一冊です。上製本で糸篝しています。100年先も使える本だと、自負しています。また「混ぜ方・のし方」のDVDもついてます。地方で本だけで学ぶ人にもより気を配った本作りを心掛けました。
フクシマ原発被災の問題は、何一つ解決していませんが、その隠された問題の大きなひとつが、現地に放置され、見捨てられた数十万頭の動物たちです。その多くは餓死・衰弱死・殺処分されましたが、数千頭の見捨てられた命が、ボランティア団体によって今なお、救出されています。本書は、そのたたかいの記録です。自ら被爆しながら、警戒区域内に進入してレスキュー活動を続ける人々を、政府もメディアも目の敵にしていますが、ここには原発推進を巡る構図がそのままあります。ペットも家族と思う方はぜひ一読をー。
法政大学出版局
バーバラ・チェイス=リボウ/井野瀬 久美惠/安保 永子/他
実在したアフリカ女性を主人公にしたポストコロニアル文学の傑作!尊厳回復の壮大な物語-19世紀初頭、南アフリカからロンドン、パリに連れてこられ見世物にされた、実在した黒人女性サラ・バールトマンをめぐる歴史小説。7/15 読売新聞書評掲載。
西日本出版社
村上 ナッツ/つだ ゆみ/村田 右富実
古事記編纂1300年、西日本出版社は創立10年。節目の年にふさわしい読み応えのある本を出版できました。また、この本は奈良県の古事記出版大賞への入賞が決まりました。
猫の言葉社
リーッタ・ヤロネン/クリスティーナ・ロウヒ/稲垣 美晴
寂しさとは何か? 死とは何か? 父親を亡くした少女が語る孤独、そして、新しい生活への不安と期待。香り高い絵と文章で読者を深い世界へと誘う渾身の作品。大切な人を亡くしたあなたへ。
現代企画室
カルロス・フエンテス/寺尾 隆吉
今年惜しくも逝去したメキシコの巨匠の初長編。多様な人種と社会階級が混在する猥雑な大都市=メキシコ・シティ。そこにこだまする複数の声を充溢する文体と斬新な文学的実験によって描き出した傑作。
新曜社
金菱清/東北学院大学震災の記録プロジェクト
被災者の目がとらえた東日本大震災を文字記録に残すべく、東北学院大学の プロジェクトチームが各地を回り、岩手、宮城、福島の被災地全域のあらゆる年齢、職業の男女71人による被災記。復興への深い祈りをこめて。
大事な席で恥ずかしい思いをしないためにきれいな食べ方が学べる一冊。懐石料理、フレンチのコース、カニ料理、土瓶蒸し、中華料理など様々な料理の食べ方・マナーをイラストでわかりやすく解説。
トランスビュー
若松 英輔
3月刊行の『魂にふれる 大震災と、生きている死者』が話題となり、紀伊國屋書店新宿本店の「じんぶんや」や代官山蔦屋書店での連続講義(毎月1回開催中)など本年大活躍の著者の最新刊。2012年6月にサロンド冨山房 FOLIOで行われた講演会も収録。
全国5つの美術館で「フィンランドのくらしとデザイン展」が開催され好評を得ています。そのフィンランドを代表する建築家&デザイナー、アルヴァ・アアルトの自宅とアトリエを紹介。建築後70年以上をへてもなお古びない魅力を豊富なカラー写真でお楽しみください。
仮説社
板倉聖宣/藤沢千之
と〜っても冷たい乾いた氷=ドライアイス。「触るとヤケドする?」「溶けたらどうなるの?」 「ドライアイスの味って?」子どもも安全にたのしめる科学実験で,目に見えない不思議な気体のイメージをふくらませよう!
産調出版
マイケル・エンバッハー
無類の自転車愛好家が自身のコレクションから厳選した、世界中の名車や希少な100台。優れた機能と技術、デザイン等が見える写真図鑑。朝日新聞書評、日本テレビ「スッキリ!!」で紹介されました。
道和書院
新井 博/榊原浩晃/井上洋一/他
学習指導要領《体育理論》のテーマを網羅、スポーツの起源からスポーツ基本法、現代スポーツの課題まで、スポーツを学ぶ・教える人々のための新しい入門書!
メディア総合研究所
山崎まどか
企画から刊行まで色々あって時間がかかってしまったものの、著者の熱意もあって各所でご好評をいただくことができ、思い入れのある一冊になりました。
縁日には欠かせないテキヤ。そのテキヤ同士の約束事や商圏、継承方法などをフィールドワークから明らかにした書籍です。東京スカイツリーがある墨東地区が舞台です。
東方出版
西山 一彦/本村 浩之
日本産のベラ科魚類、36属、151種を収録したコアな図鑑。ベラは幼魚から成魚になるまでに変身を重ね性転換もするため、掲載点数はオールカラーで約1,090点にものぼる。解説やデータも充実、和名・学名索引もついている。
水曜社
日本科学技術ジャーナリスト会議/柴田 鉄治/横山 裕道/他
民間、東電、政府、国会の事故調査委員会の報告書が出揃った。本書は膨大な資料であるがゆえに全体像が掴みにくい、4つの「事故調報告書」を日本科学ジャーナリスト会議の主要メンバーが比較・検証する。
小社の創立25周年を記念して刊行した、札幌在住の地図エッセイスト・堀淳一さん(86歳!)の書き下ろし作品。これまでにないごっつい本です。
ビイング・ネット・プレス
モートン・ウォーカー/加藤 博/井村 宏次
色彩を利用して生活をより豊かに、より快適にする方法が満載。2005年初版刊行。今回、「実践講座シリーズ」第14弾として、装い新たに刊行となりました。
ひきこもりの高齢化が進む中、親亡きあとに、ひきこもりの子が一人でも生きていけるようにするための準備について、アドバイスをまとめた本です。読者から寄せられるハガキには、自らの深刻な状況を綴ったものも多く、問題の大きさを改めて感じています。
今注目の「美しい」科学写真集。筋肉や細胞、人間のからだを構成する要素を、電子顕微鏡や蛍光顕微鏡で撮影した写真集です。おかげさまで、『王様のブランチ』や『世界一受けたい授業』などのメディアでも取り上げていただきました。
欧州まで一次資料を求め、「尖閣諸島は中国領である」と結論づけた歴史家・井上清の著作に、2012年的解題とあらすじを付して新装版として刊行。小社のみならず、「2012年」を象徴する一冊です。
一般登山道では得られない山の楽しみ、心のやすらぎ。『静かなる尾根歩き』『バリエーションルートを楽しむ』の著者による、前著との重複はない新たなるハイキングコースガイド本。確かな略図にきめ細かな解説・歩行時間・グレード付きの貴重な1冊。
アルテスパブリッシング
岡田 暁生/片山 杜秀/吉田 純子/他
音楽のジャンルを問わず質の高い評論とノンフィクションをじっくり読みたい、と創刊した〈ジャンル無用の音楽言論誌〉第3号。特集は〈追悼 吉田秀和〉と〈レコード・録音・記録〉の2本立てです。
小学校の現場を退いて出前教師として20年以上、各地で実験・工作をおこなってきた著者の集大成です。気軽にどこからでも楽しめ、結ぶ・編む・切る・削るといったものづくりの基本所作が身につきます。
2002年に英国で導入されたシティズンシップ教育が各国で話題を呼んでいる。地域社会の支え合いやボランティア活動などの社会参加、民主主義社会の有権者としての政治参加の知識と技能を育む教育カリキュラムである。バーナード・クリックを座長とした英国諮問委員会報告書「シティズンシップのための教育と学校で民主主義を学ぶために」を翻訳し、収録。本報告書を読み解き、英国のシティズンシップの教育と日本の公民教育を比較分析し、日本での導入の可能性について論考。公教育のありかたを問う一冊。
現代人の魂を揺さぶる縄文15000年の想像力。土偶の魅力がオールカラーでたっぷりつまっています。
Jリサーチ出版
リサ・ヴォート/薄羽 美江
「またこの人と会いたい!」そう思われるための英会話レッスン。英語圏の常識・マナーも身につく! Amazon英会話部門第1位(2012.12.2現在)
ジョン・ケージ生誕100年を記念して……? 飯沢耕太郎氏の監修による、「きのこ擬人化」イラスト集を出しました。発売直後から、きのこマニアを越えて話題を読んでいる一冊です。
長崎出版
井伏鱒二 著/金井田英津子 画
名訳「サヨナラダケガ人生ダ」(于武陵の「勧酒」)をはじめ、「なだれ」「つくだ煮の小魚」「歳末閑居」「寒夜母を思ふ」他を収録。
著者曰く「これからが日本の近代でしょう」。日本の未来を思うと悲観的になりがちな昨今ですが、江戸時代に比べたら、この時代の成熟はまだまだこれから!そんな希望を感じさせる本書が、今年の我が社の一冊です。
新水社
長坂 希望
音楽療法士ってどんな仕事? どんなことをするの? どうすればなれるの? 音楽療法士になるために必要なこと、具体的な仕事の手順や内容、さらには自分でできる音楽の活用法をやさしく解説。音楽療法士をめざすためのQ&Aも充実。
ポット出版
雨宮 まみ/峰 なゆか/湯山 玲子/他
昨年末『女子をこじらせて』(小社刊)で単行本デビューした雨宮まみさんの対談集です。──ストレートに「私、女子なんです!!」と言えないような女子に読んでいただきたい!! by雨宮まみ──女子を元気にする1冊!
「まあ、きれいな本」と言われて、著者さんも喜んでおられました。上製本で中身も充実、ページ数もたっぷり。スポーツ文化の根本を自由と民主主義を謳歌するものとして描かれた著者の集大成でもあります。実用本とは違う本のつくりを楽しんでいただけたらと思います。
3.11から1年後の3月に刊行。遠藤薫著。TVや新聞、ネットなどさまざまなメディアからアウトプットされた報道を大量に収集・分析した労作。電大出版局として刊行したほぼ唯一の震災関連本。図書館を中心に多くの人に読まれている。
エディション・シナプス
青木恒三郎:編集, 荒山正彦:解説
明治18-19年に刊行された「名所図会」スタイルの世界各国のガイド全7巻の復刻版です。初版本の美麗な各巻表紙もカラーで再現し、巻頭の「外国時刻早見表」(回転板付き各国の時刻を表示)や、シリーズ完結後製作され今日入手の困難なカラー大地図も収録します。
〈歴史に埋め込まれた親鸞〉像をあらためて再構成し、そこから親鸞浄土教の歴史的意味を新たに浮き彫りにする。中世を災害社会と捉え直し、その時代に生きた生身の人間・親鸞の生と信仰に寄り添って、親鸞浄土教の神髄へと迫る。
NHKクローズアップ現代などで取りあげていただきました。女性ホルモンレベルの変化とキャリアの関係に着目し、各年代で起こりやすい健康トラブルとその予防、ワーク・ライフ・バランスのあり方をイラスト満載でわかりやすく解説。「女性の生き方を知る」のに最適の一冊です。
本書は児童誌の増刊号として関東大震災の翌月10月14日に発行されたものを原本としています。大震災の様子を子どもにもわかりやすく伝えられる写真集ではないかと思い復刻いたしました。児童誌に関東大震災の写真集が発行されていた記録は知られておらず、資料としても貴重なものと思われます。2013年は関東大震災から数えて90年となります。首都圏で起こった大震災の実像を多くの人に知ってもらい今後に生かしていただきたいと願っております。
北朝鮮人自身が取材し、伝える、北朝鮮情報誌リムジンガン。 危険を冒しながらも北朝鮮人自身が取材、記録し、伝える「祖国」の本当の姿とは。どんな思いで人びとは生きているのか。今号の特集は、「金正日急死と金正恩時代の行く末」。これまでと同じく、北朝鮮内部で撮影された写真約100点を掲載しています。
新資料をもとにした伊藤野枝関連書。これまでの野枝に関するいくつかの誤解を解くことができた。刊行後すぐ書評に取り上げられるなど反応がよく、とくに野枝の地元でも多くの方が手に取ってくれたことがとてもありがたかったです。
福島原発の事故が起きる20年以上前から既に予期されていた! 今は亡き反原発運動のリーダー・高木仁三郎氏の講演録。科学と人間の共生はありえるのか? 原発とは何かを今一度見つめなおす一冊。
娘の非行と家族の再生をありのままに描いた空前の大ベストセラーから30年。前妻と娘の死を乗り越え、贖罪の日々を送る著者が娘の遺品から思いがけなく見つけた、焼け焦げのある青いノート。そこから再び悪夢が始まった。
40年以上にわたり消費者運動の最前線で活動した著者が、基本的な食材の選び方、さまざまな「食」の問題点をやさしく解説。子どもたちのために、地球の未来をおびやかさない食べ方を語りかけます。
九州人
RKBラジオ局編成制作部/清沢 英彦
福岡・RKBラジオで放送中の「食の九州遺産R」を書籍化。豚骨ラーメン誕生のきっかけとなった老舗中華店のチャンポンなど、九州ならではの「地元メシ」30食を紹介。従来のグルメ本とはひと味違う、昭和レトロただよう一冊!
貴重ないのちへのいとほしさにあふれた、戦争の時代の証言集。

▲ページの上端へ

「わが社の一冊」@高円寺フェス

2012-10-18 木曜日  ( )

10月27・28日に開催される「本の楽市@高円寺フェス2012」会場で、版元ドットコム会員社が自薦する「わが社の一冊」の陳列・販売を行います。多数の掘り出し物が陳列・販売される「本の楽市」の一角でこっそりと実施いたしますので、是非、お探しください。皆様のご来場をお待ちしております。

「わが社の一冊」陳列・販売書籍一覧

▼スタイルノート
金賞よりも大切なこと
▼第三書館
流出「公安テロ情報」全データ
▼オフィスエム
聞いてください
▼イーフェニックス
beauty in the nature セキセイインコ、オカメインコが住むオーストラリアの大地 オーストラリア鳥図鑑
▼海鳴社
地球の海と生命
▼まむかいブックスギャラリー
Gift with BIKE 自転車が私にくれた贈りもの
▼新水社
母と子のための被ばく知識 原発事故から食品汚染まで
▼笠間書院
新装版 字典かな
▼航思社
『田村孟全小説集』
▼てらいんく
月夜の詩人 吉川行雄
▼ミリオン・スマイル
禅と経営
▼一声社
作って・歌って・話して・あそぶ おはなし小道具
▼八千代出版
社会学になにができるか
▼之潮
川の地図辞典 江戸・東京23区編[三訂版]
▼創風社出版
百句鑑賞シリーズ『子規百句』『不器男百句』『漱石熊本百句』『漱石松山百句』『山頭火百句』『虚子百句』『赤黄男百句』
▼九州人
九州の温泉遺産1 湯治宿
▼ビイング・ネット・プレス
日本の森にオオカミの群れを放て
▼新ハイキング社
バリエーションハイキング
▼虹有社
日本ワインガイド 純国産ワイナリーと造り手たち
▼メディア総合研究所
東京大学のアルバート・アイラー 東大ジャズ講義録・歴史篇
▼東方出版
日本思想史【新装版】
▼東京電機大学出版局
W3C技術ノート 日本語組版処理の要件
▼亜璃西社
北海道の歴史がわかる本
▼ベターホーム協会
ベターホームが料理教室で50年教え続ける、しっかり作りたい定番料理100品
▼語研
2:46 Aftershocks 午後2時46分 すべてが変わった
▼西日本出版社
マンガ遊訳 日本を読もう わかる古事記
▼有志舎
近代日朝関係史
▼イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ企画
ルネサンスごはんは放射能にもたやすく負けない
▼産調出版
素敵な蔵書と本棚
▼全甲社
ふしぎの国 アリス物語
▼サンライズ出版
近江の山城ベスト50を歩く
▼キーステージ21
『社会を変える教育 Citizenship Education ~英国のシティズンシップ教育とクリック・レポートから~』
▼現代企画室
サパティスタの夢
▼以文社
レイシズム・スタディーズ序説
▼高菅出版
古代ギリシアとスポーツ文化
▼ビイング・ネット・プレス
日本の森にオオカミの群れを放て
▼イー・ピックス出版
『ガリラヤのイェシュー』
▼アートダイジェスト
蛇のファッション考
▼明石書店
原発危機と「東大話法」
▼アニカ
佃島・月島游記
▼AC Books
映画館のつくり方
▼大空出版
不思議なかたち~食べもの編~
▼オクターブ
ブルーノ・タウト
▼K&Bパブリッシャーズ
PANTA自伝1
▼言視舎
吉祥寺 横丁の逆襲
▼梧桐書院
談志 最後の落語論
▼左右社
3・11後の思想家25
▼社会評論社
完全自殺マニア
▼水曜社
市川崑のタイポグラフィ
▼DU BOOKS
ビートルズの遺伝子ディスク・ガイド
▼長崎出版
こびと大百科
▼七つ森書館
メディアの破壊者 読売新聞
▼ブレーンセンター
「プガジャ」の時代
▼文遊社
ラブ・ゼネレーション
▼ミシマ社
街場の文体論
▼光村推古書院
さて、大山崎
▼リーダーズノート
田中宏和さん
▼論創社
戦後出版史 昭和の雑誌・作家・編集者

▲ページの上端へ

フェア「自分は本当に恵まれていないの? ~様々な世界人生を覗いてみる~」(岩下書店)

2012-10-16 火曜日  ( )

岩下書店(横浜市金沢区釜利谷東2-1-1 バザアル金沢文庫3階)で開催中のフェア「自分は本当に恵まれていないの? ~様々な世界人生を覗いてみる~」に版元ドットコム会員社の本も多数参加しております。

※版元ドットコム会員社の本はフェアの一部です。他にも多数の「様々な世界を覗いてみる」本が並んでいますので是非、お立ち寄りください。

岩下書店Webサイト→ http://www.shakoradio.net/

日本、ぼくが愛するその理由は
七つ森書館
ジャン・フランソワ・サブレ
結局は自分のことを何もしらない
サンガ
アルボムッレ・スマナサ-ラ

▲ページの上端へ

2011年 我が社の一冊

2011-12-9 金曜日  ( )

2011年、版元ドットコムの会員社は様々な本を世に問いました。
希望を共に抱くための本、厳しさを分かち合う本、
今を描く本、未来へと過去へとつながる本、
喜びの溢れ出す本、悲しみをこらえきれない本。
この世に生み出された様々な本は常に驚きを持ってその本に向かう読者を待ち続けています。
今年、版元ドットコムの会員社は様々な本を世に問いました。
その中から各社一冊を厳選し、改めて世に問いたいと思います。
豊かな本との出会いをお楽しみください。
ひとりのイギリス人ブロガーの呼びかけに応えた世界からのメッセージとアートワークが一冊の本になりました。あの日を忘れないために。この本の売上から製造流通のコストを除いた収益は日本赤十字社に寄贈されます。
今も多くの捕物ファンを魅了する『半七捕物帳』の各編を事件発生の年代順に収録したシリーズ。江戸地図、註釈、年表も付け、半七の生きた江戸の情景が現在に伝わってきます。
アニカ
河添 まみこ/安岡 卓治/河添 晋一/他
初めて「原稿用紙に手書きの原稿」「修正原稿や編集コメントを郵便でやりとりする」という経験をしました。普段の「じっくり作る」とはまた別の、いろんなことが「熟成されていく」不思議な感覚がありました。
青灯社
森 朝男/古橋 信孝
本書は、失われて行くことばを惜しむものではなく、日本語の歴史と生命力に注目するものである。著者の二人の関心は、ことばと、それを用いる人々の生活や心、文化や美意識との関係にある。
9月・10月のアクセスランキング1位や「ロングセラーの芽」にランクインした1冊。言視舎の逆襲シリーズ第一弾の笑う地域活性化本!自然・歴史・文化・町おこしなど過去・現在・未来から“地の果て”を楽しむ本。
第三書館
豊田 直巳/桃井 和馬/宇野 八岳/他
津波被害をうけた全60市町村を網羅する唯一の写真集。住民らによる「その瞬間」を含む約800枚の写真が納められています。1kgという重量だけでない「重さ」を後世に伝えられたらとの思いで刊行しました。
芸術やクリエイティブな分野で活躍している30~40代8名が、描く(かく・えがく)事について語るインタビュー集。芸術分野に興味のある方、特に若い世代の人たちには是非目を通してほしい。
産調出版
ハンス-ウルリッヒ・ヘッカー/アンゲリカ・シュテフェリング/エルマー・T・ポイカー/他
取穴部位、刺入の深さ、適応症、効果を詳解。耳鍼については、異なる流派(中国式/ノジェ式)両方を併記。さらに、広範なトリガーポイントのセクションを充実させ、施術のクイックレファレンスとして最適の書。
新たに執筆者10名を加えて増補新版で刊行。数学者、物理学者、工学者、経済学者など計51名のかたが、おもしろい 本、お薦めの書、思い出の一冊を紹介。
エディション・シナプス
Christopher Noss/Associates of the Tokoku Mission
20世紀初頭の米国で刊行された英文での初めての東北案内の復刻版。売上全額は大震災被災者支援のため日本赤十字へ寄付されます。
我が社にとって記念すべき100点目となりました。1年以上かけて執筆と制作の試行錯誤。著者さん本人にとっても悲喜こもごもの執筆期間だったそうです。我が社にとってもいろいろ思いの詰まった一冊になりました。
「演劇で食えるのか?」演劇・劇団をとりまく宿命的問題である経済的側面とその未来について、アーツ・マネジメントの分野の第一人者が詳細に分析する。制定予定の<劇場法>についても詳述。自治体関係者にも好評。
一声社
子どもの文化研究所/右手和子/堀尾青史/他
紙芝居実践テキスト―紙芝居の基礎理論と実演上達のポイントを解説。理論編=紙芝居特有の絵&テキスト(筋)の基本・子どもの発達に与える影響等。実践編=実演上達の3つのポイント(声・間・抜き方)を解説。
第二次惑星開発委員会
第二次惑星開発委員会
人気コンテンツ総括と、東日本大震災を巡るインタビュー。小林よしのり、中森明夫、小熊英二、中沢新一、宮台真司、金田一蓮十郎、鬼龍院翔、まんべくん――硬軟取りまぜ、広く深く、2011年を考える1冊です。
九州人
南 英作/神園 史郎/呉藤 加代子
霧島、指宿、別府、湯布院、阿蘇、えびのなど一泊5000円以下で宿泊できる本格的な湯治宿54軒を紹介。長逗留する湯治客のために、室内図や自炊設備一覧表を全軒に付載。懐に優しい九州観光の拠点宿にもおすすめです。
亜紀書房
渡辺 京二/三砂 ちづる
「自己実現」=自分が何になるかという問題は、人が近代になって初めて課せられたテーマで、そんな虚しい言葉に拘泥せず、無名のまま自然体で生きなさいと諭す、円熟の思想史家である渡辺京二の愛あるメッセージ。
ポット出版
J・M・ケインズ/山形 浩生/飯田 泰之
一度は読みたい古典だけれど、長いしむずかしいし手が出ない! そんな人のために、山形浩生が「一般理論」を完全要約。山形浩生・飯田泰之の両解説では、「対不況」を超え「なぜいまケインズなのか?」も明解に。
羽鳥書店
がんも 大二
ねる、たべる、のむ、でかける、であう、さよならをする。繰り返される日々がさまざまなことを考えさせてくれる。ささやかな日々のなんと豊かなことか。29の絵と27の言葉でつなぐ、パトさんの人生。
ライター磯部 涼が「プロジェクトFUKUSHIMA!」を通して、福島の現在を綴った、渾身の初書き下ろしルポルタージュ。
ワインジャーナリストとして活躍する著者・鹿取みゆきさんが、自ら現場に足を運び取材を積み重ね、土地の個性を表したワインを造ろうと奮闘する純国産ワインの生産者たち、ワイナリー、そしてワインを紹介。日本のブドウだけで造られた本当の日本ワインを紹介しています。
讃岐うどんブームのルーツを探る禁断の書。弊社創立の年に発刊したロングセラーを、気軽に手に取って頂ける文庫にしました。
電子立国日本の原点に、ラジオ工作の文化があった!本書は、アマチュア精神へのオマージュであり、収録された457点の写真・図版は、それだけで『ラジオ博物館』の趣をなす、珠玉の一冊!!
お年寄りになじみある紙芝居で懐かしい日々を思い起こし、お年寄り同士の共感を呼び覚ます高齢者向け紙芝居。お年寄りにとっての子ども時代は戦争の記憶と切り離せません。戦争と日本人が愛する桜を題材にした作品。
シリーズ3作目です。①②巻と漢詩をやりましたので、次は、日本人の手で最初につくられた歌集です。著者は17の短歌と3首の長歌を選びました。素朴で力強い言葉に、多くの子ども達が触れてくれたらと思っています。
この本は、誰かに見せるためではなく、葬儀や法要の際に、遺族が故人に宛てた言葉をそっと書き留めていたものです。一番あたり前の存在になっている人が、もっとも大切な人であることを忘れないための一冊です。
荒れ放題になっていた8300枚もの棚田が復活し始めた――「楽しい事は正しい事」をモットーに地域再生に取り組む協創LLP上山棚田団。混迷する現代日本の進路に一筋の光を当てるヒントがいっぱいの痛快ドキュメント。
ビイング・ネット・プレス
清水 豊
古代の武術は争いの技術ではなく、相手の心を和ませるものであり、霊的なものと物的なものとをむすぶものでした。古事記におけるむすびの秘儀を読み解き、むすびの武術である合気道や太極拳の本来の姿を紹介します。
万葉人は恋の達人。万葉歌4516首のうち約1500首を紹介し、それらを貫く男女の機微を現代に通じるわかりやすい言葉で読み解く。万葉人が作り上げた恋の美学、男女の恋の応酬の妙味、遊び心が華麗に花開く。
五穀豊穣と村内安全を祈願しておこなわれるオコナイ行事。今まで謎に包まれていた川道のオコナイ(滋賀県長浜市川道町)に密着。知られざる行事の全貌を写真付きで紹介。
東方出版
エクナット・イーシュワラン/スタイナー紀美子
1960年代に米国カリフォルニア州にブルーマウンテン瞑想センターを設立したインド人思想家が語る、人生の後半をよりよく生きるための指針。生まれたものは必ず死ぬ。死は恐れるべきものにあらず。
G.B.
大森 義成/三好 載克/坂本 夏観
阿修羅、四天王、十二神将などの人気の仏像から、釈迦如来、弥勒菩薩といった定番の仏像までをフルカラーで盛り込んだ1冊。カードゲームで活躍する人気イラストレーター三好載克氏による書き下ろしイラスト満載です。
仮説社
板倉聖宣/橋本淳治/井藤伸比古
最近少なくなった「○○子」さん。でも,いつ頃から女性の名前に「子」がつくようになったのでしょうか? また,そのきっかけは? 名前をもとに庶民の思想史に迫る。アマチュア研究家必見の書。
字幕翻訳者の素顔がわかる!映画をある意味もっとも深く見ている字幕翻訳者の生涯の外国映画10本と彼らの映画人生を共に紹介。知られざる字幕制作の裏話やコラムも収録。外国映画を見る楽しみがまたひとつ増える!
和歌を楽しんでもらいたい! という想いから生まれたアンソロジー「コレクション日本歌人選」(全60冊・刊行中)より。難解な近代前衛短歌を解釈するだけではなく、古典、短歌への熱い想いが詰まった1冊です。
トランスビュー
若松 英輔
2011年5月、『井筒俊彦 叡知の哲学』( 慶應義塾大学出版会)により突如あらわれた注目の書き手、若松英輔氏の原点。東京堂書店・八重洲BC・紀伊國屋書店新宿本店・三省堂書店神保町本店で行われた連続講演も盛況でした。
今日の集合住宅に大きな影響をあたえた、ル・コルビュジエの傑作を細部におよぶ豊富な写真と図面、わかりやすい文章で詳解する。「集まって住むこと」に建築そのものはどのように関与するのか。全ページカラー。
アム・プロモーション
「ビッグパレットふくしま避難所記」刊行委員会
東日本大震災で最大級の避難所。一時は2500人を超える人々であふれた。失意、怒り、やるせなさ、温もり、沁みるやさしさ、帰れないふるさと…。そこで人々は何を想ったのか。「つぶやき」と写真による被災地から発信。
楽よ高らかに鳴れ、歌声よ甘く響け。イタリアオペラを愛しベルカント唱法の真髄を究めたオペラ歌手。オペラ公演のスタンダードを作り出した名プロデューサー、五十嵐喜芳、初の自伝にして遺稿。
農林統計出版
祖田 修
人間存在の根源に迫る姨捨て山、八百比丘尼、不老長寿を願う始皇帝とその命を受けた徐福。著者の豊かな好奇心が紡ぐ、大地の恵みとともに営まれ、苦難に満ちた人間社会の長大なドラマ。
山を明日への活力源として歩き続ける女性2人によるとっておきのハイキングコースガイド。里道・山道・峠道。季節に合った駅発のマイカーに頼らない路線バス・タクシーで時間に余裕を生での安心・安全登山85コース
ジャパンマシニスト社
岡崎勝/おーはしるい/おぐらなおみ/白伊くま/どんどんどんぐり

教員生活35年のベテラン先生岡崎勝さんと、4人の小学生ママの漫画家がコラボした、超リアルな、お役立ちコミック!就学時健診・入学式など各種イベント。ママ友、“ひらがな”や算数の基本、までわかりやす~い!

著者の臨床経験に基づき、発達しょうがいをもつ子ども達との関わり方、対応のヒントを七つの事例とともに具体的に提示しています。

「2012年 我が社の一冊」は、こちら


▲ページの上端へ

版元ドットコム「アジア 関連書籍カタログ」を作成しました

2010-6-24 木曜日  ( )

●版元ドットコム「アジア 関連書籍カタログ」

版元ドットコム「アジア 関連書籍カタログ」2010(PDF・80.0MB)

●注文書

エクセル形式の注文書を、こちらからダウンロードいただけます。

版元ドットコム「アジア 書籍カタログ」2010

●本カタログについて

このカタログは、北京国際ブックフェア(17th Beijing International Book Fair [BIBF])に際し作成しました。

北京国際ブックフェアサイト→ http://www.bibf.net/

●出展社(五十音順)

・あすなろ書房(本の一覧サイト)
・以文社(本の一覧サイト)
・笠間書院(本の一覧サイト)
・恵雅堂出版(本の一覧サイト)
・弦書房(本の一覧サイト)
・彩流社(本の一覧サイト)
・左右社(本の一覧サイト)
・サンガ (本の一覧サイト)
・サンライズ出版(本の一覧サイト)
・水曜社(本の一覧サイト)
・すいれん舎(本の一覧)
・数学書房(本の一覧サイト)
・スタイルノート(本の一覧サイト)
・青弓社(本の一覧サイト)
・太郎次郎社エディタス(本の一覧サイト)
・てらいんく(本の一覧サイト)
・東方出版(本の一覧サイト)
・とびら出版(本の一覧サイト)
・トランスビュー(本の一覧サイト)
・七つ森書館(本の一覧サイト)
・羽鳥書店(本の一覧サイト)
・芙蓉書房出版(本の一覧サイト)
・文遊社(本の一覧サイト)
・ポット出版(本の一覧サイト)
・まむかいブックスギャラリー(本の一覧サイト)
・有志舎(本の一覧サイト)


▲ページの上端へ

本屋さん謝恩企画:本屋さんオリジナルグッズ展示会にご協力ください

2010-6-18 金曜日  ( )

オリジナルグッズで店舗を紹介させて下さい

従来の即売での値引分を図書カードで読者に還元し、書店さんへ誘導する“本屋さんへ行こう!「TIBF で図書カードをGET!」キャンペーン”だけでなく、書店さんのPRにも版元ドットコムを大いに利用していただこうと考えました。実際にお店で使用されているレジ袋、しおり、カバー等を版元ドットコムのブース内に展示し、お買い上げのお客様にお渡しいたします。
故郷の本屋さんの袋やカバーが展示されていれば懐かしく思うこと間違いなし。全国の書店さんの存在感が少しでも伝わればと考えています。会場を訪れた方々に貴店を話題にしていただきたいと考えております。

参加要領●
貴店のオリジナルグッズを版元ドットコム事務局(下記に記載)までお送りください。
1点からで構いません。お送りいただく際に、お店のPR、店舗の様子などを紹介した写真など同封していただけましたら展示させていただきます。番線印なども歓迎です。
(※ 展示スペースの関係で先着順に採用させていただくことがあるかもしれません。ご容赦ください。)なおレジ袋については、複数枚お送りいただけましたらご購入のお客様へのレジ袋として、実際に使用させていただきます。

※本件についてのお問合せは
版元ドットコム有限責任事業組合へ、
電話:050-5515-9290
FAX:03-3402-5558
あるいはお問い合わせフォームでお寄せ下さい。


▲ページの上端へ

プレスリリース:本屋さんへ行こう!「TIBF(東京国際ブックフェア)で図書カードをGET!」キャンペーン参加社が48社に

2010-6-18 金曜日  ( )

私ども、版元48社は、本年7月8日(木)~11日(日)に開催される東京国際ブックフェア(TIBF)での会場販売に際し、「本屋さんへ行こう!TIBF(東京国際ブックフェア)で図書カードをGET!」キャンペーンを実施します。

「書店店頭の活性化を通じて書店の魅力と読書の楽しみを伝えたい」という趣旨に賛同した版元が、規模やジャンルを超えて、共通のスタンプカードにより連携するキャンペーンです。

TIBFに来場されたお客様へ配布したスタンプカードに、お買上金額に応じた数のスタンプを捺印し、スタンプ5つにつき、500円分の全国共通図書カードをプレゼントいたします。
また、抽選で4名様へ、10,000円分の図書カードが当たるスタンプラリーも行います。

書店での購入を促進することが店頭の活性化につながることを願い、総額200万円分の図書カードによる読者還元を目標とします。国民読書年の本年、書店の魅力と読書の楽しみをより多くの皆様へお伝えするきっかけとなれば大変嬉しく存じます。

◎キャンペーン参加各社の、お買上金額ごとのスタンプ捺印個数/読者還元方式

アスク出版 2,000円(割引後税込価格)ごとに1つ/割引販売+図書カード還元
河出書房新社 3,000円(割引後税込価格)ごとに1つ/割引販売+図書カード還元
国書刊行会 3,000円(割引後税込価格)ごとに1つ/割引販売+図書カード還元
日貿出版社 500円(定価税込価格)ごとに1つ/定価販売+図書カード還元,バーゲンブック販売
日本聖書協会 1,000円(割引後税込価格)ごとに1つ/割引販売+図書カード還元
平凡社 3,000~4,999円(割引後税込価格)で1つ、5,000~9,999円で2つ、10,000円~で4つ/割引販売+図書カード還元
版元ドットコム[参加42社] 500円(定価税込価格)ごとに1つ/定価販売+図書カード還元
亜紀書房/アニカ/一声社/以文社/エスコアール/笠間書院/仮説社/北大路書房/吉備人出版/雲母書房/弦書房/虹有社/語研/子どもの未来社/彩流社/さくら社/産調出版/サンライズ出版/ジャパンマシニスト社/17出版/松籟社/新読書社/新曜社/数学書房/スタイルノート/駿河台出版社/青弓社/青灯社/瀬谷出版/第三書館/高菅出版/トランスビュー/七つ森書館/西日本出版社/羽鳥書店/ひとなる書房/復刊ドットコム/ポーラ文化研究所/ポット出版/本の泉社/メディアイランド/唯学書房

ぜひ貴紙誌にて、東京国際ブックフェア史上で前例の無い「本屋さんへ行こう! TIBFで図書カードをGET!」キャンペーンの取組みをご紹介くだされば幸いに存じます。

*本件についてのお問合せは、下記までお願いします。

TIBFで図書カードをGET! キャンペーン事務局
版元ドットコム有限責任事業組合 内
〒150-0001 渋谷区神宮前2-33-18 #303
Tel:050-5515-9290 Fax: 03-3402-5558
お問い合わせフォーム


▲ページの上端へ

1 / 3123